ドッグフードの原材料一覧。表示の見方と愛犬にとって危険な原材料や添加物は?

ドッグフード 原材料
佐藤さん
ドッグフードにはどんな原材料が使われていますか?
犬田さん
ドッグフードには、肉や野菜、穀物などの身近な食材から、犬の健康に配慮した機能性食材まで様々な原材料が使われています。

また、中には注意が必要だと考えられている添加物や原材料もあるので、合わせて確認しましょう。

ドッグフードの原材料

ドッグフードには、犬に必要な栄養素や嗜好性を満たすために、肉や魚、小麦や米、野菜やフルーツ、添加物など様々な原材料が使用されています。

パッケージ裏や公式サイトには、以下のようにドッグフードに使われている原材料が表示されているので、簡単に確認することができます。

ドッグフード 原材料

原材料名欄は1%以上の配合のものは多い順で記載されているので、上記では、チキンが第一主原料、サーモンが2番目に多い原材料となります。上記では以下略と記載していますが、日本では原則ドッグフードに使用した原材料や添加物はすべて記載しなければなりません。

日本で販売されるドッグフードは、原材料の他にもペットフード安全法(ペットフード安全法のあらまし|環境省)によって、名称、賞味期限、原産国名、事業者名・住所を必ず表示しなければならないと定められています。

肉類

ドッグフード 肉

ドッグフードでは肉類が最も高い割合を占める主原料であることが多く、牛・豚・鶏・ラム・馬・鹿など様々な肉が使われています。

レバーや動物性油脂(鶏脂、牛脂)など特定の栄養素が多く含まれる部位を使用したドッグフードもあります。

肉類には動物性タンパク質を始め、脂質やビタミン、ミネラルなど犬にとって必要な栄養素がたくさん含まれています。

中にはミートミールや家禽ミール、乾燥肉粉など、不特定な動物が混合された肉原料を使用した製品もあります。

ドッグフード 肉

ドッグフードの肉原料一覧。肉の種類、豊富な栄養素やカロリーと特徴を紹介

2020年7月3日

魚介類

ドッグフード 魚原料

魚介類は、肉類とともに動物性タンパク源の供給源としてよく利用されています。サーモンやオキアミ、魚油などは、肉類を併用して使用されることも多いです。

また肉にアレルギーがある犬は、魚介類を主原料にしたドッグフードがアレルゲン除去食として食べられます。

ドッグフード 魚原料

ドッグフードの魚介類。種類と豊富な栄養成分を紹介

2020年6月24日

穀類

ドッグフード 穀物

穀類は、10~20年前以降のドッグフードでは非常に高い割合で配合されていました。使用される穀物は小麦・トウモロコシ・米などの三大穀物の他、雑穀や大麦、オートミール、キヌア、アマランサス、黒米、米糠などさまざま。

以前は製造コストを下げるために、かさ増し原料として穀物が高配合にされていましたが、現在はそのようなメーカーは徐々に少なくなってきています。

穀物には炭水化物が豊富なので、製造時にα化していればエネルギー源として利用することができます。ただ近年は血糖値上昇による肥満や穀物アレルギーに配慮したグレインフリー(穀物不使用)フードも人気です。

グレインフリードッグフード

グレインフリーフードとは?犬が穀物を消化できないは嘘!メリットとグルテンフリーとの違い

2019年4月16日

豆類

ドッグフード 豆類

豆類は海外産・国内産問わず、様々なドッグフードに利用されています。エンドウ豆やひよこ豆、レンズ豆、大豆などがよく使用されています。

いずれの豆も、食物繊維や植物性タンパク質が豊富に含まれています。

特に穀物を使用しないグレインフリーフードでは、炭水化物源として多めに配合されていることが多いです。

ドッグフード 豆類

ドッグフードの豆類。栄養素やアレルギー性を解説!広義には穀物に含まれる

2021年2月3日

野菜類

ドッグフード 野菜

野菜類はドッグフードの食物繊維源、ミネラルやビタミン源として配合されています。

特にドッグフードで使用されるのは、ジャガイモやサツマイモなどの芋類です。炭水化物が多いので豆類と同様グレインフリーフードでよく使われます。

また、トマトやチコリ、ブロッコリー、ニンジンなどもメジャーな原材料です。

ドッグフード 野菜

ドッグフードの野菜類。栄養素と働き、手作り食やおやつで与える場合の注意点

2020年11月27日

果物類

ドッグフード 果物 フルーツ

果物類はドッグフードに必要不可欠なものではありませんが、リンゴやオレンジ、抗酸化作用のあるベリー類などがよく使用されます。

野菜と同様、ミネラルやビタミンが豊富です。また果物は犬の嗜好性が高い甘味をもつ食べ物でもあります。

子犬の時期は果物に対してアレルギーが出やすいので、与え始める時期や果物の種類は考慮した方がいいかもしれません。

ドッグフード 果物 フルーツ

フルーツは犬に与えて大丈夫?OK・NG果物一覧を紹介!給与方法と注意点

2021年3月4日

ハーブ類

ハーブ類は、ドッグフードでも小量で風味のアクセントとして使用されています。特に海外産のドッグフードではハーブ類を使用し、豊かで香ばしい香りに仕上げている製品が多い印象です。

オレガノ、タイム、セージ、イラクサ、シナモン、カモミール、アニスなどがあります。

ハーブにはそれぞれ作用があり、たとえば消化機能の調整や促進、抗菌、鎮静、防腐、血流改善、リラックス効果など様々な効果があります。

ドッグフード ハーブ

ドッグフードに使われるハーブ類。効果や作用を解説!

2022年2月3日

他機能性食材

ドッグフードには乳酸菌、オリゴ糖、ビール酵母を始め、グルコサミンやコンドロイチン、セルロースやビートパルプなど、腸内環境や関節、免疫などに配慮した様々な機能性食材が使用されています。

ドッグフード 機能性食材

ドッグフードの機能性食材。抗酸化作用や免疫力維持、生活習慣病やがん予防など様々な効果と働き

2022年1月24日

添加物

ドッグフードには、フードの品質を守ったり製品をよく栄養素を補うために添加物が使用されています。

酸化防止剤や保存料、着色料、香料、栄養添加物など、添加物と一言で言っても様々ですが、添加物はドッグフードの品質を守るためであったり、犬の栄養バランスを整えるために添加されることがほとんどであるため、一概に悪いというわけではありません。

自然由来の添加物なのか化学由来なのか、添加物にも種類があるので、添加物の有無ではなく、どのような添加物が配合されているかチェックしましょう。

ドッグフード 成分表示 危険

ドッグフードの危険な添加物。犬への影響やドッグフードの基準・表示義務を解説

2019年2月26日

原材料一覧表

ドッグフードの原材料
肉類鶏肉鶏生肉
脱水鶏肉
チキンミール
鶏レバー
鶏脂 など
牛肉牛肉
ビーフミール
牛脂 など
豚肉豚レバー
豚肉
ポークミール など
馬肉馬肉
鶏卵
乾燥全卵
うずら など
レバー鶏レバー
豚レバー など
ミートミール乾燥肉粉
ミートミール
家禽ミール など
動物性油脂動物性油脂
鶏脂
牛脂
サーモンオイル
魚油 など
魚類サーモンサーモン
生サーモン
脱水サーモン
サーモンオイル など
タラタラ
タラミール
白身魚ミール など
魚油魚油
フィッシュオイル など
フィッシュミール乾燥魚粉
フィッシュミール など
穀類小麦小麦
小麦粉
小麦グルテン・小麦グルテンミール など
トウモロコシトウモロコシ粉
コーンスターチ
コーングルテンミール など

玄米
米糠
雑穀 など
豆類エンドウ豆エンドウ豆
エンドウ豆ミール
グリンピース など
大豆大豆
大豆ミール
納豆
おから
きなこ など
野菜類ジャガイモジャガイモ
ポテトスターチ
ジャガイモでんぷん
ジャガイモタンパク など
サツマイモサツマイモ
スイートポテト
サツマイモでんぷん など
チコリ
ニンジン
トマト
キャベツ
カボチャ
ブロッコリー
果物類ベリークランベリー
ラズベリー
マルベリー
カウベリー など
リンゴ
バナナ
ハーブローズマリー
オレガノ
タイム
セージ
ペパーミント
マジョラム
カモミール
アニス
イラクサ
アルファルファ など
他機能性食材乳酸菌ラクトバチルス属
エンテロコッカス族
ビフィズス菌 など
オリゴ糖フラクトオリゴ糖
マンナンオリゴ糖
グルコサミン
コンドロイチン
ビール酵母
セルロース
ビートパルプ
添加物酸化防止剤BHT
BHA
エトキシキン
ビタミンE(トコフェロール)
ローズマリー抽出物
緑茶エキス など
保存料安息香酸ナトリウム
ソルビン酸 など
pH調整剤クエン酸
ビタミンC(アスコルビン酸塩)
塩化アンモニウム など
着色料赤色102号
赤色106号
黄色5号 など
乳化剤レシチン
サポニン
グリセリン脂肪酸エステル
コレステロール など
調味料グルタミン酸ナトリウム
アミノ酸 など
栄養強化剤ミネラル類
ビタミン類
タウリン
アミノ酸類 など

注意したいドッグフードの原材料や添加物

ミートミール・家禽ミール

ミートミールや家禽ミール、また4Dミート(死骸や死にかけている動物、病気や障害のある動物を使用した肉)などが危険視されています。

様々な動物が混ぜ合わされているということから、いくつかの点が問題視されています。

  • 病気や問題を持った動物が使用される可能性
  • 犬や猫などの同種の動物が含まれるかもしれない
  • 不特定な動物種なのでアレルギー対策が難しい

ミートミールや家禽ミールを使用しなくてもコストパフォーマンスのいいドッグフードはたくさんあるので、きちんと種類まで詳細に記載されているドッグフードがおすすめです。

合成添加物

化学合成によってつくられた合成添加物は、発がん性や遺伝毒性の危険性が懸念されることから人工添加物の中でも避けたいと考える方が多い添加物です。

ペットフードに使用される場合、規定値を大きく下回った量の使用なので体への害はないと言われていますが、リスクが0とは言いきれません。

ドッグフードの原材料表示の抜け道

上記のように基本的にはすべての原材料を記載しなければならないペットフードですが、「加工助剤」と呼ばれる添加物の中には例外があり、ドッグフードの原材料名欄に記載しなくても良いものがあります。

  • ペットフードの製造の過程において除去されるもの
  • 当該ペットフードの原材料に起因してそのペットフード中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量を明らかに増加させるものではないもの
  • 当該ペットフード中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該ペットフードに及ぼさないもの

引用元:農林水産省 ペットフード安全法表示に関するQ&A

ただ事業者が上記のような加工助剤であることを説明できない場合には表示を省略することはできません。

ドッグフードの原材料表示まとめ

犬田さん
以上、ドッグフードの原材料表示についてまとめてきました。
佐藤さん
ドッグフードって本当にいろいろな食材が使われているんですね!ドッグフードを選ぶ時にも、きちんと原材料も確認しようと思いました。
犬田さん
これだけ沢山あると、どの原材料をどのようなバランスで配合したレシピが愛犬に最適なのか、非常に迷われる方もいると思いますので、ドッグフード選びに迷ったら、ぜひ当サイトのドッグフードランキングを参考にしてみてください。
ドッグフード ランキング 評価 ランク

本当におすすめしたいドッグフードランキング|全52種を徹底比較【S~F評価ランク】

2019年4月1日

ABOUTこの記事をかいた人

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。