ブルーバッファロー ドッグフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

<追記情報>ブルーバッファローが販売終了

犬田さん

2019年7月をもってブルーバッファロー商品が販売終了になりました。アメリカに本社をかまえるブルー社が、販売戦略の見直しを機に日本から撤退したことが理由です。

ブルーバッファローのメーカー自体がなくなるわけではないのでフードを手に入れることが不可能になるわけではありませんが、今後日本でブルーバッファローのドッグフードを購入するには海外から直接購入するか、並行輸入品などを利用するなどの方法のみになります。

佐藤さん
購入している人も多かったのに残念ですね…。並行輸入になると、品質の高いキャットフードを安定的に手に入れることが難しくなりますよね…。
犬田さん
そうですね。店頭でも購入できないので、他のキャットフードへ以降される方が大半になるでしょう。

アメリカからやってきた大企業ブルーバッファロー

犬田さん
アメリカで大人気のペットフードのひとつ、ブルーバッファロー。高品質な原材料で自然な食事を目指すドッグフードです。

創業者のビショップ家の愛犬ブルーが癌になってしまったことから開発がスタートし、その名を取ってブルーと名付けたそうです。多くの悲しみや苦労を乗り越えて、犬と猫のために健康なペットフードが作りたいという思いがあったのかもしれませんね。

佐藤さん
ブルーバッファローはお洒落なパッケージで、私もよくいくホームセンターでもよく目にしています!
犬田さん
ブルーバッファローはライフソースTMビッツなど、独自の見解で科学的な面でもこだわっている印象があります。総合栄養食以外にも獣医師、動物栄養学者が開発した療法食も販売の販売もあります。

ライフプロテクション・フォーミュラTM チキン&玄米レシピ 成犬用

穀物玄米、大麦、オートミール
ポイント豊富な野菜、フルーツ、発行物や乳酸菌
実売価格2.5kg/3,867円
1kgあたり1,549円
第一原料骨抜き鶏肉
生産国アメリカ
メーカーアメリカ
販売元ブルーバッファロー・ジャパン株式会社

原材料からの考察

骨抜き鶏肉チキンミール、玄米、大麦、オートミール、鶏脂(混合トコフェロールにて酸化防止)、トマトポマスエンドウマメ亜麻仁(オメガ-3脂肪酸およびオメガ-6脂肪酸源)、チキンエキス馬鈴薯アルファルファミール馬鈴薯でんぷん乾燥チコリ根サツマイモ人参ガーリックユッカ抽出物パセリケルプブルーベリークランベリーリンゴほうれん草ブラックベリーザクロカボチャ大麦若葉ターメリックグルコサミン塩酸塩乾燥酵母乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物乾燥黒麹菌発酵産物乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(塩化コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ニコチン酸、パントテン酸カルシウム、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、ベータカロテン、葉酸)、カラメル色素、酸化防止剤(混合トコフェロール、ローズマリー抽出物)
犬田さん
野菜、ハーブなども豊富に使われたリッチな原材料ですね。玄米レシピなのでグレインフリーではありませんが、犬は穀物を消化できますし、貴重なエネルギー現として働きますので問題はありません。カラメル色素が入っていますが、こちらはおそらく着色料として使用しているのかもしれません。
佐藤さん
発酵物などの乳酸菌も豊富なように見えます。
犬田さん
腸内環境などを意識したレシピでしょうか。ブルーバッファロー自体健康を意識したレシピとしていますので、乳酸菌などの配合もそうした考え方の一環かと思います。

ブルー ライフプロテクションフォーミュラ チキン&玄米レシピ 成分表

成分(保証分析値) 粗タンパク質24%以上
粗脂肪14%以上
粗繊維5%以下
粗灰分7%以下
水分10%以下
カルシウム1.0%以上
リン0.7%以上
オメガ6脂肪酸3.0%以上
オメガ3脂肪酸0.5%以上
カロリー363kcal/100g
犬田さん
成分保証値は平均的でどんな犬でも与えやすい配合ですね。玄米、大麦、オートミールを豊富に含んでいて粗繊維は5%以下と少なめに感じますが、数値バランスとしては適度だと思います。
佐藤さん
うまく調整されているのかもしれませんね!
犬田さん
オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸は6:1とちょうどいい配合かと思います。

ライフプロテクション・フォーミュラ® フィッシュ&玄米レシピ 成犬用

穀物玄米、大麦、オートミール
ポイント豊富な野菜、フルーツ、発行物や乳酸菌
実売価格2kg/4,104円
1kgあたり2,052円
第一原料白身魚
生産国アメリカ
メーカーアメリカ
販売元ブルーバッファロー・ジャパン株式会社

原材料からの考察

白身魚乾燥ニシン(オメガ-3脂肪酸源)、玄米、大麦、オートミール、エンドウでんぷん、エンドウマメ、鶏脂(混合トコフェロールにて酸化防止)、亜麻仁(オメガ-6脂肪酸源)、タンパク加水分解物、乾燥チキン乾燥トマトポマスエンドウタンパク乾燥アルファルファミール馬鈴薯乾燥チコリ根エンドウ繊維アルファルファ抽出物サツマイモ人参ガーリック、グルコサミン塩酸塩、ブルーベリークランベリー大麦若葉パセリターメリック乾燥ケルプユッカ抽出物乾燥酵母乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物乾燥黒麹菌発酵産物乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物乾燥バチルス・サブチルス発酵産物ローズマリーオイル、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、L-カルニチン、タウリン)、ミネラル類(食塩、塩化カリウム、炭酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(塩化コリン、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、葉酸)、着色料(野菜ジュース)、酸化防止剤(混合トコフェロール)
犬田さん
白身魚とニシンが主原料としています。こちらもチキンと同じように豊富な野菜、ハーブを使い、多数の発酵物、乳酸菌も配合されています。
佐藤さん
着色料に野菜ジュースを使用しているのは面白いですね!
犬田さん
これだけ少ない量でどれだけ着色できるのかは不思議ですが、なにかいい色味がでるのかもしれませんね。

ライフプロテクション・フォーミュラ® フィッシュ&玄米レシピ 成犬用 成分表

成分(保証分析値) 粗タンパク質22%以上
粗脂肪14%以上
粗繊維5%以下
粗灰分8.5%以下
水分10%以下
カルシウム1.0%以上
リン0.7%以上
オメガ6脂肪酸2.5%以上
オメガ3脂肪酸0.9%以上
カロリー361kcal/100g
犬田さん
こちらはチキンよりも更にライトなバランスで、たんぱく質22%、脂質14%ですね。軽めでたくさん食べたい犬にもいいかと思います。

まとめ

  • アメリカ生まれの自然な食事を目指すドッグフード
  • 小型犬、中型犬、大型犬、成犬、体重管理用、超小粒など種類が豊富
  • 療法食も販売
佐藤さん
非常に豊富なラインナップで、きっと愛犬にピッタリな種類が見つかると思います。療法食も豊富なので、困った時のブルーバッファローと覚えていてもいいかもしれませんね!