犬 吐く犬について

犬が吐く原因は?色と状態で分かる対処方法!すぐ動物病院に行くべき嘔吐の特徴

犬が吐くこと自体は大きな問題ではない 犬や猫の嘔吐は生理現象のひとつ 人は体調不良や風邪、胃腸炎や感染症など病気にかかった時くらいしか吐くことはありません。 しかし犬や猫に関しては、嘔吐は生理現象の一つで、吐くという行為…

ドッグフード 保存方法ドッグフードについて

ドッグフードの保存方法。冷蔵冷凍はNG?ジップロックや真空で小分けがおすすめ

ドライタイプのドッグフードの保存について 基本的にパッケージ袋のままでOK 開封後1ヶ月以内に食べきれるようであれば、基本的に商品パッケージのまま保存しても問題ありません。 ある程度、容量があるドッグフードは、袋にジップ…

ドッグフード 栄養添加物ドッグフードについて

ドッグフードの栄養添加物(強化剤)。犬に必要なビタミンやミネラル等を補完する添加物

ドッグフードの栄養添加物 栄養添加物とは 栄養添加物はビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類などの栄養を補うために配合される添加物で、栄養強化剤と言われることもあります。ドッグフードでは特に総合栄養食ではほとんどすべての製品…

ドッグフード トマトドッグフードについて

ドッグフードのトマト。リコピンの効果と働き、犬に生のトマトを与えて大丈夫?

ドッグフードの原材料:トマト(Tomato) 野菜の代表格で彩りも美しい真っ赤なトマト。リコピンやビタミンが豊富な緑黄色野菜で、プチトマトから大きなトマトまで様々な品種が栽培されています。日本も含め、世界中で様々な料理に…

動物性油脂 ドッグフードドッグフードについて

ドッグフードの動物性油脂。4Dミートが使用される可能性は?危険性や製造方法

ドッグフードフードの原材料:動物性油脂 飼い主さんから警戒される原材料の一つ ドッグフードにおける動物性油脂は、残念ながら多く飼い主さんから警戒される原材料の一つです。当サイトでも動物性油脂を使用したドッグフードはおすす…

ドッグフード 増粘多糖類ドッグフードについて

ドッグフードの増粘安定剤。増粘多糖類、カラギーナンやキサンタンガムは安全?

ドッグフードの増粘安定剤の働き とろみや粘り気をつける増粘安定剤 増粘安定剤は、ドッグフードの食感を調整するためにとろみや粘りをつける添加物です。同じ増粘安定剤でも用途によって粘りやとろみをつける増粘剤、形が崩れないよう…

キャットフード ミックストコフェロールドッグフードについて

ドッグフードのトコフェロール・ミックストコフェロールとは?働きと安全性を解説

ドッグフードの天然酸化防止剤:トコフェロール(ビタミンE) トコフェロールとは抗酸化作用のあるビタミンEです トコフェロールとは強い抗酸化作用をもつ天然由来の酸化防止剤の一つです。アーモンドや穀類、豆類に多く含まれ、栄養…

ドッグフード ジビエドッグフードについて

ジビエを使ったドッグフードのメリットとデメリット。一般的な家畜肉との違いは?

ジビエとは ジビエは野生動物の鳥獣肉 ジビエとは、狩猟によって捕獲した野生動物の鳥獣肉のことで、鹿、イノシシ、鴨、熊、キジ、ウズラ、ウサギ、カンガルーなど自然の中で暮らす動物の肉が挙げられます。 日本でも鹿や猪などの狩猟…

気になるワード

4Dミート AAFCO BCS pickup おかず おすすめ お試し ふやかす アミノ酸 アレルギー ウェットフード エトキシキン エンドウ豆 オメガ オーガニック カビ カルシウム クエン酸 グルコサミン グレインフリー ジビエ スーパー セミモイスト タイプ・形状 タンパク質 ダイエット チキン チワワ トイプードル トッピング ドッグフード ドライフード ナトリウム ビタミン フリーズドライ ベジタリアン ペットショップ ペットフード安全法 ホームセンター マイクロチップ ミネラル ヨーロッパ産 ランキング リン ローテーション 一般食 下痢 与え方 中型犬 乳類 代謝エネルギー 体重管理 便秘 保存容器 切り替え方 動物愛護法 危険 原材料 品質 嘔吐 噛まない 回数 塩分 増粘安定剤 好きな食べ物 好き嫌い 嫌いな食べ物 安全 寄付 小型犬 小麦 少量サイズ 感染症 感覚 成分 手作り 方法 果物 果物類 柴犬 栄養素 歯周病 比較 水分 海外産 混ぜる 添加物 灰分 炭水化物 犬カフェ 生産国 病気 療法食 白身魚 着色料 種類 穀物 給与量 総合栄養食 肝臓病 肥満 脂質 表示 製造 計量カップ 認証 豆類 賞味期限 購入先 輸入 通販 選び方 酸化防止剤 野菜 関節 食いつき 食べない 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 魚介類