ドッグフードのカンガルー肉。栄養素と特徴、高タンパクで低資質!安定供給は可能?

ドッグフード カンガルー
佐藤さん
日本ではほとんど馴染みのないカンガルー肉(ルーミート)ですが、ドッグフード製品ではカンガルー肉を使用したものもたまに目にしますね。
犬田さん
はい、食品として馴染みの薄いカンガルー肉ですが、ドッグフードに配合することで犬にとってどんな栄養やメリットがあるのか、解説していきたいと思います。

ドッグフードの原材料:カンガルー肉

カンガルー(kangaroo)とは

カンガルーは哺乳類有袋双前歯目カンガルー科の動物で、オーストラリア大陸とタスマニア島(オーストラリア)、ニューギニア島(インドネシア、パプアニューギニア)に生息しています。

カンガルーは50以上の種類があり、体長30cmほどの小型カンガルーから160cm以上の大型サイズの種類もいますが、大型種になるとジャンプで時速70km以上という車並みのスピードで進むことができ、また両手を使って殴り合うなどパンチ力もすさまじく、可愛い見た目とは裏腹にハードで肉体派な動物です。

カンガルー肉のほとんどは、野生化で暮らしているカンガルーを捕獲して利用しているので、ジビエ肉(狩猟によって捕獲された野生動物)に分類されます。

オーストラリア産・ニュージーランド産の違い

カンガルーは上でも話したオーストラリアなどの限られた地域にしか生息しておらず、飼育・繁殖することも難しいことからほとんどがジビエ肉(狩猟によって捕獲された野生動物)です。このためカンガルードッグフードの多くはオーストラリア産もしくはニュージーランド産です。

オーストラリア産

オーストラリアでは一部のカンガルーの数が増えすぎたことで、オーストラリア国内の環境や農業への被害が出たことから、年間300万頭のカンガルーが狩猟され、食品やペットフードに利用されています。オーストラリア国内にはスーパーでカンガルー肉が販売され、世界55ヶ国にもカンガルー肉が輸出されています。

ニュージーランド産

ニュージーランドでも同じカンガルー科のワラビーという小型種が動物園から脱走して野生化して繁殖を繰り返し、現在は害獣として駆除の対象となっています。

オーストラリア産とニュージーランド産で使用されるカンガルーの種類が異なるので、同じカンガルー味でも原産国によって肉質や風味は異なるかもしれません。

カンガルーの栄養とメリット

高タンパク質・低脂質

カンガルーはジャンプを繰り出す強靱な筋肉を持ち運動量も多いため、引き締まった赤身肉の割合が高く、高タンパクかつ低脂質な肉原料となっています。

また脂質が低い分、カロリーやコレステロールも他の肉原料に比べて少ないので、メインで使用すればヘルシーなドッグフードに仕上げることができます。

アレルギー予防・対策になる

また、カンガルーは比較的アレルゲンのリスクが低く、またメジャーな肉原料とは遠い遺伝子にあたるので、牛・豚・鶏などでアレルギー反応が出てしまった犬にもおすすめです。

ホルモン剤の心配がない

カンガルーは野生化で育つため、基本的に成長促進剤(ホルモン剤)投与の心配がありません。原産国にもよりますが、ドッグフードに使われる牛や豚、鶏などの家畜はホルモン剤の投与が認められている国もあり、ドッグフードの肉原料にも投与されている可能性があります。ですがジビエのカンガルーではその可能性がほぼ0になるので安心して与えられます。

カンガルードッグフードのデメリット

カンガルー肉のドッグフード自体が少ない

カンガルー肉のデメリットは、選べる種類が少ないことです。たいていのドッグフードはチキンや牛、豚、魚など食品でよく用いられる動物原料が使われるので、カンガルーに限定するとどうしても選べる幅は狭まります。

ドッグフードを選ぶ時には、他の原材料や価格帯、成分なども総合的に判断することが大切なので、カンガルードッグフードというだけで良いフードと判断することはできません。

長期的な安定供給は可能?

またカンガルー肉は安定的な供給が可能かという点でも疑問が残ります。現在カンガルーは年間かなりの頭数が狩猟されていますが、捕獲して数が適正まで少なくなった場合、ドッグフードや食肉に利用できる狩猟分に制限がかかる可能性があります。

また、カンガルーに限らず飼育されていないジビエは災害や天候、環境の変化などの理由で急激に減少することもあるため、カンガルードッグフードが一時期手に入れられなくなることもあるかもしれません。

カンガルー肉を使用したドッグフード例

  • キオアラ カンガルー
  • アディクション ワイルドカンガルー&アップル
  • テラカニス ハイポアレルジェニック カンガルー肉 ウェット