スポートミックス(sportmix)ドッグフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

SPORTMiX
この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

佐藤さん

ミッドウエスタン・ペットフード社が販売するスポートミックスドッグフード。カビ毒が検出されたことで、問題となっていますが、どのような製品なのでしょうか。

ミッドウエスタン・ペットフード社が販売するスポートミックス(sportmix)

犬田さん
スポートミックス(Sportmix dogfood)は、アースボーン(Earth Born)なども販売するミッドウエスタン・ペットフード社(Midwestern Pet Foods, Inc.)が展開するアメリカ産ドッグフードです。

ミッドウエスタン・ペットフード社は1926年に創業してから現在4代目まで家族経営を貫いており、ペット業界でも歴史のあるメーカーの一つです。

佐藤さん
スポートミックスには下記のようなラインナップがあるんですね。ドッグフードだけで全18種類の製品を販売しています。

  • Wholesomes
  • CanineX
  • Premium Formulas
  • Original Formulas

<2020年12月30日>スポートミックスから高濃度のカビ毒アフラトキシンが検出

犬田さん
2020年12月、スポートミックスドッグフードの一部商品から高濃度のカビ毒「アフラトキシン」が検出されました。カビ毒(アフラトキシン)は汚染されたトウモロコシに発生する化学物質で、大量に摂取すれば死に至ることもあります。毒性が非常に強く健康に大きな悪影響を与える危険な物質です。

ミッドウエスタン・ペットフード社は2020年12月30日からスポートミックスの自主回収を行っています。

<2021年1月13日>同工場製造の製品にもリコールが拡大

オクラホマ州の同工場で製造したフードもリコール対象に

犬田さん
2021年1月13日、FDA(アメリカ食品医薬品局)は、スポートミックスと同じオクラホマ州の工場で製造しているブランドや製品もリコール対象にするとリコール範囲の拡大を発表しました。
佐藤さん
具体的にどこまで対象が広がったんですか…!?
犬田さん
スポートミックス(SPORTMIX)の他、PRO PAC ORIGINAL、SPLASH、SPORTSTRIL、NUNN BETTERなどの製品で、2022年7月9日までの消味期限の製品、日付やロットのコードに05の記載がある製品が対象になります。

犬70頭以上が死亡、80頭以上のペットに中毒症状

犬田さん
今回ペットフードに含まれていたアフラトキシン(カビ毒)によってすでに犬70頭以上が死亡、80頭以上のペットに中毒症状が現れたことが報告されています。

FDAによると、アフラトキシン中毒を引き起こせば、死に至らずとも肝臓損傷を受け、黄疸が出たり、食欲不振、元気減退、嘔吐や下痢などの症状を発症することがあるようです。

佐藤さん
こんなにたくさんの命が奪われるまで気づかれないというのは悲し過ぎますね…。
犬田さん
日本ではスポートミックスの正規輸入や販売はありませんが、同工場製造でトウモロコシを使った製品もリコールがかかっているので、対象範囲やロットがさらに広がる可能性はあります。注意深く様子を見ていきたいところです。

スポートミックス プレミアムフォーミュラ エナジープラス

原材料の考察

ミートミール、挽いたイエローコーン、チキンファット(混合トコフェロールで保存)、チキン副産物ミール、挽いた醸造米、乾燥ビートパルプ、メンハーデンフィッシュミール、亜麻仁、塩、ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、リボフラビンサプリメント、D-パントテン酸カルシウム、ナイアシンサプリメント、塩化コリン、ビタミンB12サプリメント、葉酸、一硝酸チアミン、ピリドキシン塩酸塩、ビオチン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅、硫酸第一鉄、酸化マンガン、酸化亜鉛、酸化マグネシウム
犬田さん
メインの原材料はミートミール、また今回リコールの原因となったイエローコーン(トウモロコシ)です。ミートミールやコーンを使用するメーカーが少なくなってきている中で珍しいレシピです。
佐藤さん
一昔前のペットフードはこういうものが多かった気がしますね。
犬田さん
はい、時代とともにペットへの意識が変わったことで、今では非常に安いドッグフードでも、安全性や健康に配所してミートミールや副産物を使うブランドは少なくなってきていますが、1926年から続く企業ということで、昔ながらのオールドスタイルなレシピを貫いているのかもしれません。

成分表

成分分析値粗タンパク質24.0%以上
粗脂肪20.0%以上
粗繊維4.5%以下
水分10%以下
オメガ62.7%以上
オメガ30.45%以上
カロリー100g375.5kcal
犬田さん
成分表はミートミールや穀物をメイン原材料に使用している割に、タンパク質が24%と抑えめで、脂質は20%以上とかなり多い印象です。

タンパク質が30%台後半のフードであれば、肉の含有量が多くなるため相乗して資質が増えるのは仕方のないことですが、スポートミックルの場合は、チキンファット(鶏脂肪)の配合量の多さが予想できます。

佐藤さん
太ってしまいそうですね…。
犬田さん
エナジープラスという商品なので、おそらく最も効率よくエネルギーになる脂質を増やすことが目的でレシピが設計されているのではないでしょうか。

まとめ

  • 1926年から続く歴史の長いペットフードメーカー
  • 2020年12月にカビ毒アフラトキシンが検出
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

ドッグフード勉強会
平均:  
 0 レビュー

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。