ドッグフードのビーフ(牛肉)の栄養と成分、アレルギー性やホルモン剤の発がん性

牛肉 ドッグフード
犬田さん
ドッグフードでは国産外国産問わず牛肉(ビーフ)はよく使用される原材料ですが、犬の栄養学や安全性の観点からはどのような原材料なのでしょうか。心配される不安要素についても解説したいと思います。

ドッグフードの原材料:ビーフ(牛肉)

牛肉(ビーフ:Beef)はドッグフードではメインとして使われる代表的な原材料です。

昔から犬は大きな動物を集団で狩って食べていたので牛のような大きな動物の肉は犬の食性には合っているのかもしれません。嗜好性も高く、犬も牛肉の香ばしい香りが大好きです。

牛肉自体を犬に与えても大丈夫なので、スーパーの牛肉を使って手作り食で使用する方もいらっしゃるかもしれません。生だと寄生虫や細菌がいて食中毒や下痢になる可能性があるので、生肉は加熱して火を通してから与えるようにしましょう。

ただ犬用に販売されているペット用生肉の場合は、危険がないよう処理されているので、生のまま犬に与えても問題ありません。

ビーフ(牛肉)の栄養素

牛肉には犬に必要な栄養素が沢山含まれています。

成分(分析値)タンパク質14.4g
脂質32.9g
ミネラル亜鉛3mg
1.5mg
ビタミンビタミンK13μg
ビタミンB60.28mg
ビタミンB121.3μg
カロリー371kcal/100g

必須アミノ酸がバランス良く含まれている

牛肉には動物性タンパク質が豊富で必須アミノ酸がバランス良く含まれているので、血液、皮膚、血管、内臓、筋肉など体をつくる材料となって健康な体を維持します。

特に体の成長が著しい成長期や活動量の多い犬には嬉しい栄養です。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸(オメガ9)

また、牛肉には脂質が多く含まれており、その中でも脂質を構成するオレイン酸(オメガ9)という脂肪酸が豊富です。オレイン酸は悪玉コレステロールを減らす作用があり、動脈硬化や心筋梗塞、生活習慣病の予防が期待されています。

非ヘム鉄より5倍も吸収率が高いヘム鉄(鉄分)

牛肉は、貧血予防に効果的な鉄分が豊富に含まれています。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類がありますが、牛肉には動物性食品に多いヘム鉄が多く含まれていて、ヘム鉄はタンパク質にくるまれている状態で小腸まで届くため、非ヘム鉄よりも吸収率が5倍も高く、鉄分として効率よく働きます

筋肉合成を助ける亜鉛は鶏肉の約2倍

また、牛肉には体で様々な作用を持つ亜鉛が豊富です。亜鉛は筋肉合成のための細胞の複製や、体内の酵素の化学反応に関与して栄養の代謝を助けになり、生殖機能や皮膚、被毛の健康にも作用します。また、血液中ではビタミンAを運ぶために必要不可欠な物質です。

ビーフ(牛肉)の表示

ビーフ、牛肉

牛肉やビーフはイメージする通常の牛肉です。特別な加工がされていないので、栄養の損失が少なくドッグフードの原材料としては好ましいと言われています。

牛生肉

牛生肉は、本当の意味での生ではなく、水分を20%ほど残してエクストルーダーでかき混ぜられるくらいの状態にまで乾燥させた牛肉原料で、ドッグフードの原料としてはコストが高いためプレミアムフードやこだわりのある中高価格帯のドッグフードに使用されることが多いです。

ビーフミール、乾燥牛肉粉

ビーフミールや乾燥牛肉粉は、粉状に乾燥させた牛肉粉で、ドッグフードの原材料としてはかなりよく見られます。骨や内臓、血液、毛、糞尿などは含まれていません。水分をしっかり飛ばしているため保存性が高く、脂質もほぼ含まれないため、水分と脂質の分、相対的にタンパク質量や他の栄養素が多くなります。

ただドッグフードとして加工される前に、肉骨粉や乾燥肉粉などの製品に加工されているので、素材そのままの物よりビタミンやミネラルなど栄養素の損失が大きいことが欠点です。

牛脂

牛脂は、牛肉に含まれる脂肪分だけを抽出しているほぼ100%脂質です。牛脂はほぼ脂質なので必須脂肪酸であるオレイン酸(オメガ9)も豊富に含まれています。牛脂には脂質の他にもビタミンA・E・Kなども微量含まれています。

ドッグフードにおけるビーフ(牛肉)の注意点

米国、カナダ、オーストラリアではホルモン剤使用が認められている

牛肉の場合、ホルモン剤(成長剤)が投与されている牛がドッグフードの原材料として使用されている可能性があります。ホルモン剤とは牛の体重を増加させ一頭あたりからとれる肉の量を増やすために用いられる成長を促進する薬剤や飼料添加物です。健康への懸念はないと報告されていますが、人の場合ですが、たとえば乳がんや子宮がん、前立腺癌などホルモンに関係する癌のリスクを上げるとも言われていて発がん性について指摘されています。

牛肉生産量トップのアメリカ、またカナダやオーストラリアではホルモン剤の使用が認められているため、ドッグフードの原産国によってはホルモン剤が使用された牛肉が配合されている可能性があります。対して生産量第二位のEUはホルモン剤を使用した牛の飼育、輸入も禁止しているため、EU産のドッグフードは安心と言えます。

また、日本もホルモン剤の使用は認められていないので、国産牛肉を使用したドッグフードもホルモン剤投与の心配がありません。ただし国産ドッグフードでも、原材料の牛肉はアメリカから輸入している場合もあるので、フードの原産国だけでなく原材料の原産国を見て判断するといいかと思います。

食物アレルギーになりやすい食材の一つ

牛肉は犬にとって最もアレルゲンになりやすい食材の一つで、アレルギーを引き起こす原因となるタンパク質が豊富な分、アレルギー反応もでやすいです。ただ食物アレルギーはすべての犬が発症するわけではなく、牛肉以外の食べ物がアレルゲンになる場合もあるため、心配するほど高い割合で発症するわけではありません。

食物アレルギーの場合、食べて即時症状が出る場合が多く、子犬から成長期の犬が発症することが多いため、成犬期~シニア期でいきなり発症するケースは少なくなります。牛肉を食べて数時間の内に皮膚炎や嘔吐、下痢などの症状が出たら牛肉アレルギーを疑って受診するのがおすすめです。

ビーフ(牛肉)を使用したドッグフード

  • ジウィ・ピーク
  • ワイルドレシピ
  • シュプレモ
  • C&R オリジナルビーフ
  • アボダーム
  • シーザー
  • サクラペットフード
  • ケーナインナチュラル
  • Kia Ora キアオラ グラスフェッドビーフ
ドッグフード 肉

ドッグフードの肉の種類。定番肉からジビエ肉まで!ミートミールや家禽ミールは危険?

2020年7月3日