モグワンドッグフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

チキンとサーモンが主原料のイギリス産ドッグフード

通販のみで展開するプレミアムドッグフード

犬田さん
モグワンドッグフードはイギリス産、チキンとサーモンを主原料にしたグレインフリー(穀物不使用)フードです。黒っぽいグレーのパッケージに「MogWan」と筆記体で書かれたシンプルなデザインが印象的です。
佐藤さん
動物原料が豊富なんですね。どんなところでお店でも買えますか?
犬田さん
現在のところモグワンは、インターネットの通信販売のみ展開しているので店頭では販売していないようです。

モグワンドッグフードの見た目や粒の大きさ、香りは?

犬田さん
容量サイズは1.8kgのみですが、50gサイズの100円モニターで試すこともできるようですよ。
佐藤さん
ちゃっかり申し込んでるんじゃないですか…!
犬田さん
だいぶ前に撮った写真ですよ(笑)現在とは変わっているかもしれないので参考までに。ドーナツ型で粒は0.8cm~1cm弱くらいで小粒な印象です。色はかなり濃い茶色で、見た目はチョコのスナック菓子のようにも見えます。
モグワンドッグフード
佐藤さん
確かに某チョコ菓子に似ている…!香りはどうですか?
犬田さん
香りは開けた時しっかり感じました!チキンの方が量的には多いのだと思いますが、サーモンの香りも感じましたね。動物原料が多いためか、匂いは他のドッグフードよりも強めな印象を受けました。1.8kgのものと違いは特になかったと思います。
佐藤さん
もし気になっている方がいるならモニターから試してみてもいいのかもしれませんね。

モグワンドッグフードの製品情報

created by Rinker
モグワン
¥5,060 (2020/07/15 07:44:12時点 Amazon調べ-詳細)
穀物グレインフリー
ポイントチキンとサーモンで56%を占める
実売価格3,960円(税抜)/通常価格
1,980円(税抜)/初回のみ
3,564円(税抜)/1袋
3,366円(税抜)/2袋以上
3,168円(税抜)/6袋以上
1kgあたり2,200円(通常価格)/1kg
第一原料チキン生肉(21%)
生産国イギリス
メーカー日本
販売元株式会社レティシアン
犬田さん
ではいよいよ、モグワンの中身、原材料や成分について詳しく見ていきたいと思います!

原材料からの考察

チキン&サーモン53%(平飼いチキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌
犬田さん
チキンとサーモンが半分以上(56%)も含まれていて、動物原料が豊富なレシピですね。内容も乾燥肉よりも生肉や生サーモンが多く使用されています。
佐藤さん
タンパク質が豊富なのは嬉しいですね。穀物が不使用ですが、犬は糖質をエネルギーとして使うから必要なんじゃないんですか?
犬田さん

確かに犬は猫と違って炭水化物からエネルギーを沢山得られますが、炭水化物は穀物ばかりにあるわけではありません。炭水化物源には、サツマイモや豆類が使用されています。

サツマイモや豆類は血糖値を上昇させにくい低GI食材ですしアレルギー性も低いです

佐藤さん
パパイヤ、ジンジャー、アスパラガス、バナナなど、珍しい原材料から、ビール酵母や乳酸菌など腸内環境を整える作用をもつ原材料も配合されていますよね!
犬田さん
確かにモグワンは肉や魚、野菜、ハーブなど様々な食べ物を使ってつくられています。様々な食べ物を与えて育てたいという飼い主さんに寄り添ったレシピですね。

成分表

タンパク質28%
脂質総量12%
オメガ6脂肪酸1.63%
オメガ3脂肪酸1.29%
粗繊維3%
粗灰分8%
水分8%
エネルギー100g約344kcal
犬田さん
他のドッグフードに比べて繊維量は少なめかもしれませんが、全体的にバランスは整っていると思います。

モグワンは肝臓に負担がかかる?

高タンパクと肝・腎疾患の関係

犬田さん
肝臓病や肝疾患を患っている場合、高タンパク質なドッグフードを与え続けると肝臓と腎臓に負担がかかるのは事実です。

ですが、健康な状態の犬がモグワンを食べたことによって肝臓病になるわけではないので、その点は誤解がありませんように。

佐藤さん
どうして高タンパクだと肝臓と腎臓に負担がかかるんですか?
犬田さん
肝臓ではタンパク質をアミノ酸に分解した際に作り出されるアンモニアの解毒を行っています。このため、肝臓が不健康な状態であったり、正常に機能できない時に高タンパク質なドッグフードを摂取すると、アンモニアが多くなり解毒でさらに肝臓に負担がかかります。

またアンモニアは無毒化されて尿素にかわると尿として排泄さするために腎臓に送られます。そのため高タンパク質なドッグフードは犬の腎臓にも負担をかけやすいのです。

日本のペットフード輸入販売会社が開発したドッグフード

株式会社レティシアンが開発

佐藤さん
モグワンドッグフードはどんな会社が製造販売しているんですか?
犬田さん
モグワンはカナガンやジャガーなどペットフードの輸入業を行う株式会社レティシアンによって開発されたオリジナルレシピです。レティシアンは元々、チーズやワインの輸入販売を行っていた株式会社オーダーチーズの子会社です。最近は不動産やエネルギー産業にも力を入れているようですよ。

製造はカナガンと同じイギリスのGAペットフード・パートナーズ社の工場が行っています。

佐藤さん
もともと食品やペットフードの輸入販売をしていたところから、オリジナル商品をつくって同じように販売し始めたんですね。
犬田さん
今までの海外から仕入れたペットフードの販売実績などを生かして、日本人飼い主受けの良いグレインフリーで高タンパク、添加物へ配慮したドッグフードを開発したのかなと感じました。

広告やアフィが多いためネット認知度が高い

佐藤さん
よくインターネットで調べものをする方は、モグワンをよく知っているかもしれませんね(笑)
犬田さん
モグワンはネット上での広告やアフィリエイトが多いことから、カナガンと同様「怪しい」「ステマだ」と言われたり、口コミ評価が本当のものなのか疑われることが多いフードでもあります。
佐藤さん
私もみたことがありますが、最近はテレビCMも放送されていましたね!いたので女の子とトイプードルをつかうあたり、なかなか反則技ですね!(可愛いさ全開という意味で)


画像引用元:モグワン公式サイト

モグワンドッグフードまとめ

犬田さん

モグワンドッグフードについて復習しましょう。

  • ペットフードの輸入販売を行う企業が独自開発
  • レシピや強みがキャットフードに近い印象
  • 高タンパク質・グレインフリー(穀物)
  • 全体的にバランスは整っている印象