オブレモ(Obremo)ドッグフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

オブレモドッグフード
この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

佐藤さん

2021年8月に販売開始したObremo(オブレモ)ドッグフード。今年8月にあの吉田沙保里さんをブランドイメージキャラクターに起用して話題になりましたね。

原材料や成分など詳しい内容もぜひ知りたいです!

2021年8月に販売を開始したオブレモ(Obremo)ドッグフード

犬田さん
オブレモ(Obremo)はIT企業の株式会社エイチームから2021年8月に販売を開始した新しいドッグフードで、国産生肉を100%使用、単一タンパク質でアレルギーに配慮したフードを4種類展開しています。

販売から1年後の2022年8月に、レスリング世界大会で16連覇を果たし国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里さんをブランドイメージキャラクターとして起用しています。

佐藤さん
イメージキャラクターとしてここまで国民的なタレントの方を起用した企業は少ないですよね。
犬田さん
そうですね。オブレモドッグフードを販売しているのは総合IT企業なので、WEB広告やSNS広告、ラジオ広告など、広報や宣伝にかなり力を入れているのだと思います。

オブレモ(Obremo) 鶏肉フード

オブレモ ドッグフード画像引用元:Obremo公式サイト

穀物大麦、玄米、大麦ぬか、黒米、赤米、ハトムギ、あわ、きび、ひえ
ポイント国産生肉100%使用
実売価格2,450円税込/800g
1kgあたり3,062円
第一原料鶏(鶏肉フード)
原産国日本
メーカー日本
販売元株式会社エイチーム
佐藤さん
オブレモ(Obremo)ドッグフードは、鶏肉フードのほか、鹿肉フード、馬肉フード、まぐろ&たらフードの4種類がありますね。
犬田さん
まぐろ&たらフード以外のお肉のフードは、動物性タンパク質を1種類にしぼった単一動物性タンパク質にすることで、アレルギーに配慮しています。

原材料からの考察

鶏肉大麦、玄米鰹節、ビール酵母、大麦ぬか、米油、黒米、赤米発酵調味液、はと麦、あわ、きび、ひえ、大根葉、昆布、ごぼう、人参、キャベツ、乳酸菌、白菜、高菜、パセリ、青じそ、貝殻未焼成カルシウム、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
佐藤さん
オブレモドッグフードの原材料は総合的にいかがでしょうか。
犬田さん
良質な国産生肉100%にこだわり、米を複数種類ブレンドしたヘルシーなレシピとなっています。

また、旨味成分が豊富な昆布や鰹節を使用していますね。昆布にはグルタミン酸、鰹節にはイノシン酸が含まれていて、旨味成分は組み合わせると相乗効果があるので、鰹節×昆布で美味しさや食いつきアップを狙っているのかもしれません。

佐藤さん
ミネラル類やビタミン類が配合されていませんね。
犬田さん
そうですね。ドライタイプの総合栄養食では、基本的に原材料で補いきれないミネラルやビタミン類をサプリ(栄養添加物)として添加して必要量を満たすのですが、オブレモの公式サイトを見る限り、天然の酸化防止剤と貝殻未焼成カルシウム(カルシウム源)以外の栄養添加物は配合されていないようです。
佐藤さん
原材料でほぼ必要量を満たせているのはすごいですね!気になる点はありますか?
犬田さん
無添加と記載しているので「発酵調味液」が合成添加物なのか気になるところではあります。

成分表

成分タンパク質17.9%以上
脂質10.6%以上
粗繊維0.8%以上
灰分4.1%以下
水分10%以下
カルシウム0.8%
リン0.6%
マグネシウム0.1%
ナトリウム0.1%
カリウム0.5%
代謝エネルギー100g365kcal
佐藤さん
成分はいかがでしょうか。
犬田さん
不思議なのですが、AAFCOが公表している総合栄養食の最低基準はタンパク質18%以上なのですが、オブレモは100gあたりのタンパク質が17.9%以上なので、0.1%ほど足りていません

「総合栄養食」の記載が見られなかったので、毎日の主食として与えられる総合栄養食の基準は満たしていない一般食の可能性があります。0.1%程度なので誤差といえば誤差ですが、いずれにしてもかなり低タンパク質と言えるかと思います。

まとめ

  • 2021年8月発売の新しいドッグフード
  • 翌年2022年8月に吉田沙保里さんがブランドイメージキャラクターに就任
  • 国産生肉100%を使用
  • 単一動物性タンパク質でアレルギーに配慮

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。