ドッグフードやサプリのグルコサミン。犬の足腰や関節への効果と作用。人間用サプリはNG!

ドッグフード グルコサミン 犬
犬田さん
大型犬は変形性関節症や股関節形成不全、小型犬では膝蓋骨脱臼(パテラ)など、犬種によって異なりはするものの、関節系の疾患や病気を抱える犬は多くいます。
佐藤さん
年齢と共に犬の軟骨がすり減ることで関節への負担は大きくなりますよね。
犬田さん
そうですね。どの犬にも関節系の病気は無関係ではないと思います。そんな犬の関節ケアについて、ここでは軟骨の主成分となるグルコサミンについてご紹介します。

ドッグフードの原材料:グルコサミン

関節の健康維持が期待できる機能性関与成分

グルコサミン(Glucosamine)は、軟骨の主成分として関節の健康維持を目的に配合される成分で、機能性関与成分(N-アセチルグルコサミン)にも登録されています。ドッグフードでも、コンドロイチン硫酸と一緒に関節サポートの療法食やドッグフード、犬用サプリメントに使用されています。

効果については様々な意見がありますが、関節ケアといえばグルコサミンとコンドロイチンというくらい関節ケアの製品ではグルコサミンは認知度の高い機能性成分です。

また、グルコサミンは粘性のある物質なので、自然由来の既存添加物(天然添加物)としてドッグフードの増粘安定剤として利用されることもあります。

グルコサミンは軟骨の構成成分

グルコサミンは、ヒアルロン酸やグリコサミノグリカン(ムコ多糖)などのアミノ糖の一種で、自然界ではN-アセチルグルコサミンという形で動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻(キチン質)に多く含まれています。

グルコサミンの犬の関節への効果と働き

犬の関節の痛みを軽減、関節の健康を維持

グルコサミンは、関節の痛みを軽減したり健康な関節を保つ働きが期待されています。数々の獣医師が在籍し研究機関も所有するロイヤルカナンも老犬用のエイジングケアのドッグフードにはグルコサミンやコンドロイチンを使用しています。

軟骨は、骨と骨の間で骨同士が直接当たらないようクッションのような役割を果たしていますが、高齢で年齢とともに軟骨がすり減り、クッション部分がなくなることで骨同士が直接あたって痛み(関節痛)を引き起こします。

グルコサミンはクッション部分となる軟骨の構成成分なので、関節の軟骨の健康維持に効果的とされていて、犬への試験結果でもグルコサミンの摂取を継続した結果、関節への効果が見られたという報告もあるようです。

グルコサミンの注意点

人間用のグルコサミンのサプリメントはNG

同じグルコサミン配合の関節サポートを目的としたサプリメントであっても、人間用を犬に与えるのはNGです。

人間用と犬用では、グルコサミン以外に配合されている成分や容量に違いがあるため、人間用のサプリメントが犬にも同じように有効か、どのくらいの量を与えるべきか定かではありません。

それどころか、犬に与えてはいけない成分が含まれてしまっている可能性もあるので、犬にグルコサミンを与えたいなら、犬用の製品を用意しましょう。

グルコサミンだけが軟骨成分ではない

グルコサミンだけ摂取すれば犬の関節の問題はなくなるというわけではありません。犬の軟骨にはグルコサミンだけで構成されているわけではなく、他にもコンドロイチンなど他の成分も必要になるため、ドッグフードやサプリメントなどでも、グルコサミンだけでなくコンドロイチンや他の成分とセットで配合されることが多いです。

有効性がないという論文もある

犬の関節疾患や関節の健康維持が期待できるとお話ししましたが、人への投与や摂取に関する研究を見ると、論文や試験データによって研究結果が異なります。

効果に一貫性がなく、「効果が期待できる」とは言えても、はっきりと「効果がある」「改善される」と断言することは難しいようです。

グルコサミンまとめ

  • 犬の関節の軟骨成分を構成する
  • 犬の関節疾患への効果が期待できる
  • 論文や研究によって結果や見解が異なる
  • グルコサミン以外の構成成分も必要
  • ドッグフードでは増粘安定剤としても利用される