ドッグフードのタンパク質の役割と適切な割合とアレルギーのリスクについて

佐藤さん
ドッグフードに含まれているタンパク質は犬にとって大切だとよく聞きますが、実際どんな役割やメリットがあるんですか?やはり沢山摂らせた方がいいんですか?
犬田さん
タンパク質はメリット以前に、犬の健康的な体を保つためには必要不可欠な成分です。ではそんなタンパク質の役割、そしてドッグフードにおけるタンパク質の適切な割合などをご紹介していきたいと思います。

犬にとってのタンパク質

犬にとってのタンパク質

犬にとってタンパク質は、体の血液や臓器、筋肉、皮膚、被毛など体の構成成分として、また体を正常に機能させるための成分としても様々な働きをします。

そのためタンパク質が不足することは生命活動そのものを脅かす危険があると言えます。これは犬に限らず多くの生物に共通することです。

タンパク質について

生物に必要不可欠なタンパク質はアミノ酸の配列によって構成される栄養素です。

体内でアミノ酸にも種類があり、その種類によって体の中での働きが変わってきます。

犬の体に必要なアミノ酸を、自身の体内で他の成分を合成させることで作り出すこともできますが、中には犬の体内で合成できないアミノ酸もあるため、ドッグフードなどの食事からもタンパク質は十分に摂取していく必要があります。

ドッグフードの適切なタンパク質の確認方法

成分表示でタンパク質量を確認

タンパク質の量や割合はドッグフードのパッケージ裏面の成分表示に記載があります。

ほとんどのドッグフードのタンパク質量は確認することができます。

タンパク質量の基準値の適切な値

AAFCOの基準値

アメリカにある「全米飼料検査官協会(AAFCO)」という機関では、ドッグフードにおけるタンパク質の割合の基準値を提示しています。

最低値として、成犬の場合は18%以上、成長段階の犬の場合は22.5%のタンパク質量がドッグフードに必要としています。

多くのドッグフードはAAFCOの基準値やガイドラインに従っているので、ドッグフードのタンパク質量は18%以上の物がほとんどです。

ドッグフードの好ましいタンパク質量

ドッグフードのタンパク質の最低基準値は18%以上または22.5%以上ですが、一般的に特定の病気の犬を除いて30%~程度の高タンパク質なドッグフードが好ましいと言われています。

タンパク質は犬のアレルゲンになりうる

アレルギーは特定のタンパク質が原因

タンパク質は犬にとって必要不可欠な成分ですが、犬や食材によってはタンパク質でアレルギーを引き起こすことがあります。

アレルギーは特定の食材のタンパク質の型が原因となります。

ただそのアレルギー反応は犬や食材のタンパク質の型によって違うため、病院で検査するか実際に体にアレルギー反応が出るまで確認はできません。

犬がアレルギーを起こしやすい食材については下の記事に詳しくありますので、ぜひご覧になってみてください。

犬の食物アレルギーの原因と症状、検査費用、アレルギー療法食について

2019年2月25日

アレルギー反応が出た時の対処

アレルギー反応が出た場合、アレルゲンとなっている食材を特定してその食材を制限するようにする対処を行います。

アレルギー反応が出ていなければそこまで神経質に気にすることはありませんが、犬のアレルゲンになりやすいと言われている肉や魚などはドッグフードを選ぶ時に基準のひとつとして見ておいてもいいかもしれません。

ドッグフードのタンパク質まとめ

佐藤さん
ドッグフードのタンパク質量の目安がわかったので、早速自宅のドッグフードの成分を確認してみようと思いました。
犬田さん

犬にとってドッグフードは体を構成する成分でもあり、生命活動を行う上で必要不可欠な成分になりますので、ぜひ割合をチェックしておいた方が良いとい思います。

他の成分も気になった方は下の記事からご覧ください。

ドッグフードの成分と犬に必要な栄養素。基準と表示の読み方。

2019年2月14日