ドッグフードのごま。約50%は良質な脂質で強い抗酸化作用も。栄養効果アップのレシピをご紹介

ドッグフードのごま。約50%は良質な脂質で強い抗酸化作用も。栄養効果アップのレシピをご紹介

ドッグフードの原材料:ごま(sesame)

ごまは「食べる丸薬」といわれるほど栄養価が高い食材です。私たちが普段食べているごまは、ごまという植物の種子のことで、なんと3000種類ほどあります。外皮の色によって、大きく分けて白ごま、黒ごま、金ごまに分類されます。

世界三大美女といわれるクレオパトラは美容のために日頃からアンチエイジング食材をよく食べ、その中にはごまも含まれていたといわれています。なんとごま油を体に塗っていたそうです。

佐藤さん
ごまには「いりごま」「すりごま」「ごま油」などさまざまな種類がありますが、犬が食べても大丈夫なのでしょうか?
犬田さん
「いりごま」「すりごま」「ごま油」、すべて犬が食べても大丈夫な食材です!とくに「すりごま」がおすすめ!

この記事ではごまの栄養素、与え方の注意点、健康維持に効果的なレシピをご紹介します。

ごまの栄養素

下表は、ごまとごま油の10gあたりの栄養素です。10gは大さじ1杯程度に当たります。

ごまごま油
エネルギー6189kcal
たんぱく質2.00g
カルシウム1200mg
食物繊維1.30g
脂質5.410.0g
オレイン酸1900.00mg
リノール酸2200.04100.0mg

出典:日本食品標準成分表(八訂)増補2023年

いりごまの栄養素

ごまは約50%が脂質、約20%がたんぱく質、次いで炭水化物、カルシウム、食物繊維、鉄分などが含まれています。ごまは大きく分けて白ごま、黒ごま、金ごまの3種類ですが、栄養素にはほとんど差はありません。

約50%の脂質の中は、ほとんどが不飽和脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸です。「脂質は体によくないのでは?」と心配する飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、リノール酸とオレイン酸は不飽和脂肪酸とよばれる良質な脂質なので、心配はいりません。

リノール酸は細胞膜の成分となったり血中のコレステロールを下げます。オレイン酸は善玉コレステロールは下げずに、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。また、油分によって被毛の艶が良くなる効果があります。リノール酸とオレイン酸は体内で合成することができない成分なので、普段のドッグフードにプラスして与えるのがおすすめです。

ごまの約20%がたんぱく質です。筋肉や内臓、皮膚、被毛などの体作りに欠かせない栄養素で、ホルモンや免疫などの材料にもなります。

ごま特有の栄養素「セサミン」

ごまには「ゴマリグナン」という栄養素が約1%含まれています。ゴマリグナンとはごま特有の成分で、セサミンやセサモリン、セサモールなどの種類があります。ゴマリグナンは活性物質を除去する抗酸化物質に変化する成分で、ごま油の酸化安定性に貢献してします。

ゴマリグナンはごまの中に約1%しか含まれていませんが、健康効果は絶大です。抗酸化物質に変化して、生活習慣病やがんの予防をしたり、肝臓の働きを助けたり、血中コレステロールの上昇を抑える働きがあります。年齢を重ねるにしたがって抗酸化作用は低下してしまうため、普段のドッグフードに取り入れることでシニア犬のQOLを維持することが期待できます。

栄養を効率よく吸収するおすすめの与え方

人間用のごま油は食べても大丈夫

ごま団子やごまクッキー、ごまドレッシングなどの人間用の加工品は、塩分や糖分、添加物などが含まれています。肥満や腎臓病になる恐れがあるため、犬に与えてはいけません。

しかし、人間用のごま油は犬が食べても大丈夫です。ごま油は少量でも香りが強いため、食欲がない犬も食いつきアップが期待できます。また潤滑油の役目もあるので、便秘ぎみの犬におすすめです。

すりごまにする

ごまの状態では皮が固いため消化がしにくく、栄養をきちんと吸収できずにそのまま排出されてしまいます。そのため、犬にはすりごまを与えるのがおすすめです。すりごまにすることで、栄養成分やセサミンがきちんと消化・吸収することができます。

また、市販のすりごまは製造の段階で栄養価が落ち、香りが少ないものがほとんどです。犬に与えるときは自宅ですりごまにして香りを出すことで、ドッグフードへの食いつきがアップします。

すりごまにするタイミングは、与える直前にしましょう。ごまは油分が多いため、すりつぶした後は時間が経つにつれてどんどん酸化が進みます。酸化した油は風味が落ちるだけでなく食中毒になる恐れがあるため、犬に与えるのは非常に危険です。

ごまのあげすぎに注意

ごまは栄養が豊富ですが、約50%は脂質であり、カロリーが高い食品です。そのため、日常的に犬に与えるのはおすすめできません。犬にごまを与える場合は1~2週間に1回程度で、ドッグフードにトッピングする形で与えましょう。

ビタミンEと一緒に食べると栄養効果がアップ

ビタミンEは抗酸化作用によってアンチエイジング効果や老化を抑えることができます。なんと、ゴマグリナンはビタミンEが豊富に含まれている食材(かぼちゃ、オリーブオイル、大豆、うなぎなど)と一緒に食べることで相乗効果が生まれ、ビタミンEの活性がより増強されるのです。

ビタミンEの活性を増強!おすすめごまレシピ

ビタミンEの活性をより増強するために、「かぼちゃとすりごまのおじや」を作ってみましょう。

材料:すりごま少々、かぼちゃ50g、ご飯(炊飯済み)80g

摂取カロリー:164kcal 所要時間:10分

  1. かぼちゃを1cm角にカットする。
  2. 鍋にかぼちゃとご飯、具材がかぶるくらいまでの水を入れ、柔らかくなるまで弱火で煮る。
  3. 粗熱をとってすりごまをかけて完成。

まとめ

  • ごまに含まれる脂質は、リノール酸とオレイン酸という良質なもの
  • ごまに含まれるゴマリグナンは抗酸化作用がある
  • 食べ合わせによって、ビタミンEをより活性化することができる
  • すりごまを与えることで、栄養成分やセサミンをきちんと消化・吸収できる