ドッグフードについて

ドッグフードの食物繊維とは?犬の腸内環境を整え健康的な免疫機能の維持する成分

ドッグフードの成分:食物繊維 体内の消化酵素で分解できない成分の総称 食物繊維は五大栄養素の一つで、体内にある消化酵素によって分解できないものの総称です。野菜や果物、穀物、海藻など様々な植物に多く含まれており、ドッグフー…

ドッグフードについて

ドッグフードの脂質。犬の必須脂肪酸とエネルギー供給に役立つ!高脂質・低脂質なフードの注意点

ドッグフードに含まれる脂質について 脂質とは 脂質とは三大栄養素の中で最も高いエネルギーを得られる栄養素です。ドッグフードに含まれている原材料でみると、植物油や動物性のオイル、肉や魚の脂などが挙げられます。 高脂肪ドッグ…

ドッグフードについて

ドッグフードの種類!総合栄養食・間食・療法食などの違いと特徴について解説

ドッグフードは目的別に分けられる ペットフードの表示に関する公正競争規約によって、ドッグフードなどのペットフードには目的を表示する必要があります。 ペットフードを目的別で分けると、 ざっくりこのように分かれます。よく聞か…

ドッグフードについて

ドッグフードの総合栄養食とは?毎日のごはんとして過不足なく栄養摂取できる!

ドッグフードの総合栄養食について 総合栄養食とは 引用元:ペットフードの種類 目的別での分類|一般社団法人 ペットフード協会 (1)総合栄養食 「総合栄養食」とは、ペットフードのうち、犬又は猫に毎日の主要な食事として給与…

ドッグフード 着色料ドッグフードについて

ドッグフードの着色料。アレルギーや発がんの危険性を解説!天然由来で安全な着色料を紹介

ドッグフードに着色料を使用する目的 飼い主の購買意欲を高めるためで犬にメリットはない ドッグフードに着色料を使用するのは、カラフルなドライフードで飼い主さんの興味を引いたり、綺麗な色に見せて購買意欲を上げるなどの目的があ…

ドッグフード 成分表示 危険ドッグフードについて

ドッグフードの危険な添加物。犬への影響やドッグフードの基準・表示義務を解説

ドッグフードの添加物とは 添加物とは ドッグフードの原材料名欄を見ると、様々な食材が使用されていると一緒に添加物も記載されています。中略以下で黒字の表示はすべて添加物にあたります。ドッグフードにおける添加物とは、品質の保…

ドッグフードについて

ドッグフードのタンパク質。犬の体の様々な器官を構成、エネルギーにもなる三大栄養素!

ドッグフードのタンパク質 タンパク質(proein)とは、体の様々な器官を構成する成分の1つで、生物にとって必要不可欠な必須栄養素の一つです。タンパク質は体の血液や臓器、筋肉、皮膚、被毛など体の様々な部分を構成し、体を正…

気になるワード

4Dミート AAFCO BCS EU pickup おかず おすすめ お試し きのこ ふやかす アトピー性皮膚炎 アミノ酸 アレルギー ウェットフード エトキシキン エリザベスカラー エンドウ豆 オキアミ オメガ オメガ3 オメガ9 オーガニック カビ カルシウム キャベツ クエン酸 グルコサミン グレインフリー シニア ジビエ スーパー セミモイスト タイプ・形状 タマネギ タンパク質 ターキー ダイエット チキン チワワ トイプードル トッピング ドッグフード ドライフード ナトリウム ニュージーランド ハーブ ビタミン フリーズドライ フレッシュフード プレバイオティクス ベジタリアン ペットショップ ペットフード安全法 ホームセンター マイクロチップ ミネラル ヨーロッパ産 ランキング リン ローテーション ワクチン 一般食 一覧 下痢 与え方 中型犬 乳製品 乳類 予防 人間 代謝エネルギー 低脂質 体重管理 価格 便秘 保存容器 値上げ 健康診断 冷凍フレッシュフード 切り替え方 動物愛護法 危険 原材料 原産国 品質 嗅覚 嘔吐 噛まない 回数 塩分 増粘安定剤 大豆 大麻 好きな食べ物 好き嫌い 嫌いな食べ物 安全 寄付 小型犬 小麦 少量サイズ 尿路結石 必須脂肪酸 感染症 感覚 成分 成分基準 手作り 方法 果物 果物類 柴犬 栄養素 機能性 歯周病 比較 水分 水素 油脂 治療 海外産 海藻 涙やけ 混ぜる 添加物 灰分 炭水化物 特許 犬カフェ 生産国 生食 病気 病院 療法食 発酵 白身魚 着色料 種子 種実類 種類 穀物 粒サイズ 給与量 総合栄養食 緑黄色野菜 聴覚 肝臓病 肥満 脂質 腸内環境 芋類 表示 製造 視覚 計量カップ 認証 豆類 賞味期限 購入先 輸入 通販 選び方 酵母 酵素 酸化防止剤 野菜 鉱物 関節 食いつき 食べない 食事改善 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 馬肉 高齢 魚介類