ドッグフードの肉の種類!動物別の栄養と傾向を解説

肉 種類 ドッグフード
佐藤さん
ドッグフードでは動物の肉が主原料として使用されることが多いですが、どのような動物の肉が使用されますか?
犬田さん
ドッグフードでは食品でもお馴染みのチキン、ビーフ、ポークなどの他に、ウサギ肉や鴨肉、ラム肉なども使用されます。今回はキャットフードに使われる動物の肉それぞれの栄養や傾向を見ていきたいと思います。

肉の栄養素と働き

タンパク質

動物の肉にはタンパク質(アミノ酸)が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉や血液、臓器、皮膚、被毛など様々な体の器官をつくり、細胞の一部となって体が正常に機能できるよう働きます。

タンパク質が不足すると、体の末端にあたる毛並みや皮膚に乾燥やパサつきが見られ、新しい組織が正常につくられなくなるので、生き生きとした健康状態を維持できなくなります。

ドッグフードでは豊富なタンパク質を取り入れるために、タンパク質が主成分の肉(または魚)が豊富に使用されます。

脂質、脂肪酸

肉には脂質、いわゆる脂肪も多く含まれています。摂取しすぎれば肥満の原因になりますが、脂質はエネルギーとして最も効率よく活用できる栄養素の一つで、運動量の多い犬には特に重要な栄養です。

また肉の脂質には、食事からしか取り入れられない「必須脂肪酸」が含まれているので、どの犬にとっても脂肪の摂取は大切です。

ドッグフードの肉:チキン(鶏肉)

チキンの特徴

チキンは主原料としてドッグフードではメジャーな食材です。他の動物よりも成長が早く、季節や時期によって価格が変動しにくいため安定した供給が見込めるので、ドッグフードの原材料としてもよく利用されます。

チキンはクセが少ないため、好き嫌いや好みによって食べないということが少なく、どの犬の口にも合いやすいお肉なので使いやすくなっています。

チキンの栄養素

タンパク質が豊富で、体作りや成長に必要なアミノ酸をバランス良く摂取することができます。部位によって変わりますが、脂質はほどほどで牛や豚に比べると抑えめです。

チキンを使用したドッグフード
  • AATUドッグフード
  • ニュートロナチュラルチョイス 成犬用 チキン&玄米
  • ヤラー オーガニックチキン
  • ジウィ・ピーク フリーレンジチキン

ドッグフードの肉:ターキー(七面鳥肉)

ターキーの特徴

ターキー(七面鳥)といえば、日本ではクリスマスなどパーティーに並ぶことが多いので高級なイメージがありますが、海外ではチキンの原価とそこまで変わりません。ただチキンに比べて流通数は少ないので、原材料調達の国によって、ターキーが若干高くなることがあります。

ヘルシーな肉原料なので、ダイエットや体重管理を考えているワンちゃんにもおすすめです。

ターキーの栄養素

ターキーは高タンパク・低脂質でカロリーも低く抑えられています。良質なタンパク質を摂取しながら、脂質を抑えたい場合にもってこいです。

ターキーを使用したドッグフード
  • ソルビダ グレインフリー ターキー
  • ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキー
  • ロータス グレインフリー ターキーレシピ

ドッグフードの肉:ラム(羊肉)

ラムの特徴

羊肉はあまりメジャーではなく独特の風味があることから、犬によって好みがわかれることがあります。マトン(大人の羊)になると独特のくさみが出てきますが、子羊のラムはクセも少なく食べやすいお肉です。

ただしラムは生後12ヶ月未満の子羊の肉(生後12ヶ月からはマトン)なので、他の動物の肉よりもコストがかかり、フードも若干高くなります。

ラムの栄養素

ラム肉は高タンパク質で、脂質は豚肉と同じくらいか少し低いくらいで中程度です。アレルギー対応食にもよく利用されます。

ラムを使用しているドッグフード
  • ジウィ・ピーク ドッグフード ラム
  • ブルーバッファロー 成犬 ラム&玄米
  • ナチュラルバランスウルトラプレミアムハイプロテイン ラム
  • ニュートロナチュラルバランス 成犬用 ラム&玄米

ドッグフードの肉:ビーフ(牛肉)

ビーフの特徴

牛肉(ビーフ)はお肉の王様、ご馳走というイメージもあるお肉ですが、イメージ通りボリュームがあり、お肉感を感じることができます。

ただペットフードの牛肉といえば、2004年BSEの菌が混入したフードで多くの犬や猫が亡くなった事件から、マイナスイメージを持つ方も少なからずいます。

ビーフの栄養素

ビーフは高タンパクですが、非常に高脂質です。部位にもよりますが、運動不足・肥満の犬の場合は、給与量に注意しましょう。

また牛肉は食物アレルギーの中で最も発症率が高いので、アレルギー対策にはあまり向きません。

ビーフを使用しているドッグフード
  • ジウィ・ピーク ドライフード NZグラスフェッドビーフ
  • 日本のみのり ドッグフード ビーフベース
  • ニュートロワイルドレシピ 成犬 ビーフ

ドッグフードの肉:バイソン(野牛肉)

バイソンの特徴

バイソン(野牛)は、アメリカに住む野生のウシ科動物です。別名の「バッファロー」の方が聞き馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

アメリカバイソンは準絶滅危惧種に指定されている動物で、保護プログラムによって徐々に生息数は回復してきましたが、まだまだ原材料としての大量に供給することは難しいため、あまりバイソンを使用しているドッグフードは多くありません。

バイソンの栄養素

牛肉に比べて脂肪分が少なく引き締まった肉が特徴です。牛肉で行われるようなホルモン注射や薬物投与リスクがないため、アレルギー発症率もビーフより低いと考えられます。

バイソンが使用されているドッグフード
  • ペットカインド グリーントライプ&バイソン
  • ナチュラルバランス スイートポテト&バイソン

ドッグフードの肉:ポーク(豚肉)

ポークの特徴

豚肉は日本でも世界的にも馴染み深く一般的に広く使用されていますが、ドッグフードで主原料として使用されることは少ないです。

他のビーフやチキンなどと一緒に使用されたり天然香料として少量使用されることは多いですが、ポークを全面に推したフードはあまり見かけません。

ポークの栄養素

ポークは高タンパク質ですが、脂質も牛肉ほどではありませんが、やや高めです。ポークには他の食材よりも水溶性ビタミンのビタミンB群が多く含まれており、タンパク質や脂質の代謝を促したり、疲労回復、血行促進などの効果が期待できます。

ポークが使用されているドッグフード
  • アカナ シングルス ヨークシャーポーク
  • ペットドゥ プロステージ
  • フォルツァ10 デイリーフォルツァ ポーク

ドッグフードの肉:ベニソン(鹿肉)

ベニソンの特徴

鹿肉はジビエ肉なので、オーストラリア産・ニュージーランド産のドッグフードに多いです。鹿は運動量が多いことから体温が高いため、菌や病原体が繁殖しにくいメリットがあります。このためジビエでも安全性が高い肉と言えます。

野生化で生活している鹿肉を主原料とするので、家畜として多く流通している動物に比べて安定供給が難しいという懸念点はあります。

ベニソンの栄養素

ベニソンは高タンパク・低脂質で引き締まった肉質が魅力です。ヘルシーでカロリーも非常に低く抑えられるので、ダイエット向きの肉でもあります。

ベニソンを使用したドッグフード
  • アディクション ビバ・ラ・ベニソン
  • ペットカインド ベニソントライプ
  • ナチュラルバランス スウィートポテト&ベニソン
  • ジウィ・ピーク ベニソン

ドッグフードの肉:ダック(鴨肉・アヒル肉)

ダック(鴨・アヒル)の特徴

北京ダックや鴨鍋、鴨南蛮などで知られるダック(鴨・アヒル)。ダック(鴨肉・アヒル肉)はドッグフードでは、アレルギー対応食や療法食によく使用されます。原材料としては高めなので、激安ドッグフードに使用されることはほとんどありません。

海外では鴨もアヒルも「ダック」と区別されていません。鴨の方が引き締まって脂質量もやや控えめな傾向はありますが、鴨も野生化ではなくアヒルと同じように飼育され育てられるので、ドッグフードではあまり栄養面に違いはありません。

ダックの栄養素

鴨肉やアヒル肉は、ヘルシーにも感じられますが、意外に高脂肪・高カロリーなお肉です。チキンに比べて柔らかく脂身も多い傾向にあります。

ダックを使用したドッグフード
  • AATUドッグフード ダック
  • アカナ シングルス フリーランダック
  • アーテミス オソピュア グレインフリーダック&ガルバンソー

ドッグフードの肉:ラビット(うさぎ肉)

ラビットの特徴

ウサギ肉は、ヨーロッパ、ドイツの原産の多いドッグフードに多いです。ウサギ肉は日本ではほとんど見られませんが、ヨーロッパの国ではスーパーや食卓に日常的に並んでおり、ペットフードにも利用されています。

ラビットの栄養素

ラビット肉は、高タンパク質でありながら非常に低脂質で、カロリーも低く抑えられる食材です。また疲労回復や代謝の促進など様々な効果が期待できるビタミンB群も豊富に含まれています。

ラビットを使用したドッグフード
  • プレイアーデン ラビット
  • ナチュラルバランス ポテト&ラビット フォーミュラ
  •  ブリット ケア ウェイトロス

ドッグフードの肉:カンガルー肉(ルー)

カンガルー肉の特徴

カンガルー肉を使用したドッグフードは、カンガルーが生息するオーストラリアやニュージーランド原産であることがほとんどです。

カンガルーは飼育することが難しいため、野生に生息しているカンガルーを捕獲してペットフードに加工します。捕獲できる数が決まっているので、供給量が制限されるためかドッグフードでも使用しているメーカーはあまり多くありません。

カンガルー肉の栄養素

カンガルー肉は高タンパク・低脂質で、味は比較的タンパクで赤身の多い肉です。ものすごいジャンプを繰り出すカンガルーのお肉ですから、引く締まっていて脂肪分の少ない肉質となっています。

カンガルー肉を使用したドッグフード
  • アディクション ワイルド カンガルー&アップル
  • ナチュラルバランス ポテト&カンガルー フォーミュラ ドッグフード
  • ビィ・ナチュラル

ドッグフードの肉:ホース(馬肉)

ホース(馬肉)の特徴

馬肉をペットフードで使用しているメーカーはほとんど見られません。国や民族によっては馬の肉はタブーとされており、世界的にも馬はパートナーや家族と考える国が多いため、流通も他の肉原料に比べて多くはありません。

馬のお肉なので他の肉と比べて高価なので、ドッグフードの価格も少々上がります。

ホース(馬肉)の栄養素

ホースは、高タンパク質でありながら、低脂肪、低カロリー、低コレステロールなお肉となっています。鶏肉の中でもヘルシーと言われるササミと同じくらいの低カロリーで、ダイエット中、肥満傾向の犬にもおすすめしたい肉原料です。

ホース肉を使用したドッグフード
  • Awan馬肉ドッグフード
  • ナチュラルハーベスト シンプレックス ホース
  • フォルツァ10 デイリーフォルツァ ミディアム ホース

ドッグフードの肉:ミートミール(ミックス)

ミートミールの特徴

ミートミールとは、様々な動物を混ぜて乾燥させたものです。

といっても動物をそのまま混ぜ合わせるわけではなく、骨・糞尿・血液・毛・皮・爪・胃または第一胃の内容物を除いた部分がレンダリングされます。

ミートミールの懸念点

ミートミールはどの種類のどのような状態の動物が入っているか分からないため、病気や障害を持った動物や死んでしまった動物が使用されている可能性も0ではありません。

同じ犬や猫などのペットが含まれている可能性もあるため、倫理的な点でも避けられることが多いです。

さらに様々な動物の肉のアレルゲンを摂取することになるため、アレルギー反応を引き起こしやすい点も懸念点の一つになります。

様々な動物の肉が使用されているため、原因を特定するのも難しいです。

ドッグフードの肉の種類一覧

ドッグフード肉原料の種類と特徴

肉の種類タンパク質脂質その他の特徴
チキン低~中よく使用される
クセがない味
安定した供給
ターキーチキンよりヘルシー
アレルギー対応
ラムアレルギー対応
子羊なので高価
クセがある?
ポークビタミンB群が豊富
ダックアレルギー対応
ビーフアレルゲンになりやすい
バイソンジビエ(野生)
流通数が少ない
ベニソンジビエ(野生)
流通数が少ない
ラビットジビエ(野生)
流通数が少ない
カンガルージビエ(野生)
流通数が少ない
ホース流通数が少ない
ミートミール物によって品質が大きく変わる

基本的にお肉はどれもタンパク質量は高いですが、その中で低脂質であったりアレルギー対応に向いていたり、ビタミンが豊富だったりと、それぞれの肉に特徴が見られます。

ドッグフードの肉原料まとめ

犬田さん
以上、ドッグフードに使用されている肉原料についてまとめてきました。
佐藤さん
ドッグフードには様々な動物の肉が使われているんですね。
犬田さん
お肉によってそれぞれメリットやデメリットがあるので、その猫に合ったお肉を使用したドッグフードが選べたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です