ドッグフードの酸化防止剤。過酸化脂質の発生を抑制し、フードの安全性や風味を守る。

ドッグフード 酸化防止剤

ドッグフードの添加物:酸化防止剤(antioxidant)

ドッグフード中の成分と酸化を防ぐ添加物

酸化防止剤(antioxidant)とは、ドッグフードに含まれる成分と酸素の化合を防ぐために添加される抗酸化物質です。

開封後も長期間保存され、空気に触れる機会も多いドライタイプのドッグフードに使用されます。

酸化防止剤の働きと必要性

過酸化脂質による風味の損失や細胞への悪影響を抑制

ドッグフードの成分中で最も酸化しやすいのは脂質です。酸化防止剤はフード中の脂質と酸素の化合を防ぐことで、過酸化脂質の発生を抑制します。

特にリノール酸やリノレン酸、アラキドン酸などの不飽和脂肪酸は必要な栄養素でありながら、活性酸素(活性化された酸素)と結合し「過酸化脂質」に変化しやすい特徴があります。

ドッグフード 酸化防止剤画像引用元:食品における脂質酸化の問題点 |京都大学食糧科学研究所 松下雪郎

過酸化脂質は、ドッグフードの風味を低下させます。風味の損失は犬の食いつきに影響し、食欲減退につながるので食事量、栄養摂取量にも影響します。

また、過酸化脂質は、細胞壁のリン脂質の酸化による細胞死、癌細胞の発生、重大な病気(心筋梗塞、脳卒中、虚血性疾患、動脈硬化、消化器疾患)の原因となる有害物質です。

過酸化脂質の恐ろしいところは、周りの脂質も巻き込んでどんどん過酸化脂質を増加させる点です。

酸化防止剤を使用しない場合、ドッグフードの過酸化脂質の増加によって様々な問題を引き起こすので、酸化防止剤は安全を守るために非常に重要な役割を果たしています。

酸化防止剤の種類

合成酸化防止剤と天然酸化防止剤

酸化防止剤には、合成酸化防止剤と天然酸化防止剤の2種類があります。

酸化防止剤の種類
  • 天然酸化防止剤
    … 自然界に存在する植物などから抽出して利用される酸化防止剤
  • 合成酸化防止剤
    … 自然界には存在しない人工的に作られた酸化防止剤

合成添加物は人が食べる食品にも使用されていますが、発がん性や体への異常などの心配がされており、特に小さな体の犬やペットには危険性やリスクが大きいのではないかと言われています。

代表的な酸化防止剤

 代表的な酸化防止剤特徴・危険性
合成BHA・高い酸化防止効果
・発がん性が認められている
BHT
没食子酸プロピル
エトキシキン食品への使用は禁止
天然ローズマリー抽出物・ハーブの一種
・抗酸化作用がある
・天然酸化防止剤として利用される
ミックストコフェロール・ビタミンE
・植物から精製される
クエン酸・柑橘類に含まれる
・抗酸化作用がある

酸化防止剤不使用のドッグフードはある?

よく無添加のドッグフードと聞くと添加物を一切使用していないと思われがちですが、無添加の定義は曖昧で「危険な添加物を使用していない」という意味で使っている企業がほとんとです。

むしろ酸化防止効果のあるものを一切使用しないフードを与えるのは危険なので、酸化防止効果のある原材料や天然酸化防止剤は使用していることがほとんとです。

ただ完全密閉で開封後すぐに食べきるよう案内されているウェットフード、缶詰め、生肉等は例外です。

また、フリーズドライ製法でつくられたドッグフードは酸化防止剤や防腐剤が必要ありません。

ドッグフードの酸化防止剤まとめ

犬田さん
ドッグフードの酸化防止剤についてお話してきました。
佐藤さん
ハーブや自然由来の原材料で酸化防止効果を発揮してくれる天然酸化防止剤が注目される理由がわかりました。
犬田さん

そうですね。合成酸化防止剤の危険性やリスクについては様々な意見がありますが、わざわざリスクがある合成酸化防止剤入りのドッグフードを与える必要はないと思います。

佐藤さん
上でも紹介したローズマリー抽出物(エキス)やクエン酸、ビタミンEなどに注目して探してもいいかもしれませんね。
犬田さん
当サイトでは危険な原材料や添加物、成分などに注目して比較評価したランキングも用意しているので気になった方はぜひ見てみてください!
ドッグフード ランキング 評価 ランク

【S~F評価ランク】ドッグフードランキング|おすすめ全52種を厳選&徹底比較

2019年4月1日

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。