ドッグフードの正規品と並行輸入品の違いは?品質、輸送や保管方法を解説

ドッグフード 並行輸入 正規輸入
佐藤さん
海外産のドッグフードを買おうとした時に、正規品と並行輸入品があったのですが、どちらを選べばいいんでしょうか?食べ物としての品質や安全性に違いはありますか?
犬田さん
当サイトとしては正規品のドッグフードの購入をおすすめしています。その理由を正規品と並行輸入品のそれぞれを解説しながら解説したいと思います。

正規品のドッグフードとは

契約の上で正規ルートで輸入販売

正規品のドッグフードは、メーカーやブランドと契約を行った日本の輸入代理店が正規ルートで輸入販売している商品です。契約の元、正規の価格で、確実に本物を手に入れられる安心感があります。欠品になることも少なく、急な販売数増加などがなければ常に在庫は確保されていることが多いです。

また正規輸入のドッグフードは輸送の際の温度や防水、手に届くまでの保管管理もきちんと行われるので、食べ物としての品質を考えれば正規のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

ただし、すべての海外産ドッグフードで正規代理店があるわけではなく、日本では販売されていないマイナーな海外産フードの場合は並行輸入品でしか手に入りません。

正規輸入のメリット

  • 本物である確証
  • 輸送・保管が安心
  • 大幅な価格の変動がない

正規輸入のデメリット

  • 正規代理店がいない場合がある
  • 安く購入できない

並行輸入品のドッグフード

契約せず個人や業者が輸入販売

対して並行輸入品は、海外のペットフード販売店や代理店から、契約をしていない並行輸入業者や個人が勝手に輸入販売している商品です。並行輸入は契約を結ばないので、正規輸入で販売がないものでも手に入られる可能性は高いです。もし正規品が販売されている場合でも、並行輸入品は価格設定が自由なので正規品より安く購入できることがあります。

並行輸入品について悪い印象を持つ方が多いですが、並行輸入品自体は関税を支払って輸入が行われるので違法ではありません。偽物の可能性も0ではありませんが、ドッグフードではあまり考えにくい事例かと思います。ただ、保証や輸送・品質管理は販売者次第なので、食べ物としての品質が輸送や保管できちんと守られるかは疑問です。

また、並行輸入品は、長期間欠品や入荷待ちになることも。人気が出ると高価格で販売値が急に上がることもあるので、継続的に与えるドッグフードにはおすすめしません

並行輸入のメリット

  • 日本未発売のものが購入できる
  • 安く購入できることがある

並行輸入のデメリット

  • 長期間の欠品や入荷待ちの可能性
  • 急に価格が高騰することがある
  • 本物かどうかの確証がない

まとめ:正規輸入と並行輸入のドッグフードの違い

  • 正規品と並行輸入品の違いは、メーカーと契約して輸入販売をしているか
  • ドッグフードの品質や安全性を考えれば正規品がおすすめ
犬田さん
ドッグフードのような食べ物ではなく、おもちゃや他製品の場合は並行輸入品もいいかと思いますが、やはり犬の体に入るものなら、安全性や品質管理を重視した正規品がいいかと思います。