ドッグフード栄養成分値を比較。15種類の平均的な値は?

ドッグフード 成分 栄養
犬田さん
今回は代表的なドッグフード15種類を選んで、タンパク質、脂質、食物繊維、灰分、水分の栄養成分比較をします。
佐藤さん
だいたいの中央値や平均的な値を掴んでおけたらドッグフードを選ぶ時の参考になりますね!

15種のドッグフードの選び方

総合栄養食の肉系ドライフード

栄養成分を比較するにあたって、15種は総合栄養食のドライフードを前提としています。またドライフードとウェットフードでは成分がだいぶ変わるため除外しています(例:ドライフードは水分10%に対してウェットフードは水分80~90%です)。

味の種類は比較しやすいよう、チキン系または肉類の製品を中心に選びました。魚系のドッグフードだと成分やカロリーの傾向もまた違うので別の機会に比較したいと思います。

日本で購入可能、知名度が高い

15種は日本で店頭やネット通販で購入できるドッグフードです。また、日本での知名度が高いブランドや世界的にも人気の高い商品を選びました。

タンパク質の成分比較

中央値と平均値

ドッグフード15種のタンパク質の中央値は26%、平均は27.7%です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のドッグフード栄養基準では幼犬が22.5%以上、成犬が18%以上がタンパク質の最低基準となっていますが、ここ最近はタンパク質が豊富なドッグフードの人気が高いため、大体タンパク質25~30%台の商品が多いです。

タンパク質の成分値

ブランド名タンパク質量(%)
AATU 31
アーガイルディッシュ23
アカナ35
アディクション 26
オリジン 38
カナガン33
ギャザー30
クプレラ20
デフ 24
ナチュラルチョイス25
ピュリナワン26
フォルツァ 26.7
ブルーバッファロー 24
モグワン 28
ロイヤルカナン25.5

脂質の成分比較

中央値と平均値

ドッグフード15種の脂質の中央値は14%、平均値は13.6%です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のドッグフード栄養基準では幼犬が8.5%以上、成犬が5.5%以上が脂質量の最低基準となっていますが、肉などの動物原料が多いドッグフードはどうしてもタンパク質量に伴って脂質量も多めの配合になります。

脂質の成分値

ブランド名脂質量(%)
AATU19
アーガイルディッシュ10
アカナ17
アディクション14
オリジン18
カナガン17
ギャザー15
クプレラ6
デフ12
ナチュラルチョイス16
ピュリナワン16
フォルツァ10.5
ブルーバッファロー14
モグワン12
ロイヤルカナン8.1

食物繊維の成分比較

中央値と平均値

ドッグフード15種の脂質の中央値は4.5%、平均値は4.8%です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のドッグフード栄養基準には食物繊維の基準はありません。範囲は2.3~7%となっていて、10%以下のものが多いです。

食物繊維の成分値

ブランド名食物繊維量(%)
AATU7
アーガイルディッシュ5
アカナ6
アディクション3.5
オリジン4
カナガン3.5
ギャザー5
クプレラ5
デフ3
ナチュラルチョイス4
ピュリナワン3
フォルツァ4.5
ブルーバッファロー5
モグワン3
ロイヤルカナン10

灰分の成分比較

中央値と平均値

ドッグフード12種の灰分(ミネラル)の中央値は8.5%、平均値は8%です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のドッグフード栄養基準では、灰分(ミネラル)全体の基準はなく、カルシウムやリン、マグネシウム、ナトリウム…といった細かい成分で基準があります。

灰分の成分値

ブランド名灰分量(%)
AATU2.5
アーガイルディッシュ7
アカナ7
アディクション9
オリジン-
カナガン9
ギャザー10
クプレラ9
デフ-
ナチュラルチョイス10
ピュリナワン9
フォルツァ7.4
ブルーバッファロー-
モグワン8
ロイヤルカナン7.6

水分の成分比較

中央値と平均値

ドッグフード13種の水分量の中央値は10%、平均値は10.2%です(ドライフード)。

AAFCO(米国飼料検査官協会)のドッグフード栄養基準では、水分の基準はありませんが、概ねドライフードは10%程度のものとされています。

水分7%くらいのフードもあります。日本のように湿度の高い国ではカビ対策として水分が少ないドッグフードも良いかと思います。

水分の成分値

ブランド名水分量(%)
AATU8
アーガイルディッシュ11
アカナ12
アディクション10
オリジン12
カナガン8.5
ギャザー10
クプレラ10
デフ-
ナチュラルチョイス10
ピュリナワン12
フォルツァ-
ブルーバッファロー10
モグワン8
ロイヤルカナン11

5つの成分の中央値と平均値まとめ

15種の中央値と平均値のまとめ

 中央値(%)平均値(%)
タンパク質2627.7
脂質1413.6
食物繊維4.54.8
灰分8.58
水分1010.2
犬田さん
以上、15種類のドッグフードの成分について中央値と平均値などをまとめてきました。非常に沢山あるドッグフードの中から15種類を選んだ中の中央値になるので、正確とは言えませんが、成分表を見るときの一つの指標として参考にしていただけえれば幸いです。