ドッグフードの賞味期限の一般的な期間と確認方法。賞味期限切れを与えるのはNG?

ドッグフード 賞味期限

一般的なドッグフードの賞味期限

 未開封の場合開封後
ドライフード1年前後1ヶ月前後
ウェットフード2~3年1日以内

ドライタイプかウェットフードかで賞味期限は大きく変わります。

ドライフードの賞味期限

ドライフードの場合、未開封ですと製造から1年半の賞味期限になります。ただ輸送や保管期間などによって1年前後になることが多いです。

酸化防止剤は入っていますが、開封後は1ヶ月以内に食べることが推奨されています。

ウェットフードの賞味期限

ウェットフードの場合、缶詰やパウチで完全に密閉されているので、未開封の状態なら2~3年もつものが多いです。

ただ一度開けてしまうと、すぐに菌が繁殖してしまうので、開封後は冷蔵庫保存でもその日以内に食べきりましょう。

ドッグフードの賞味期限の確認方法

ドッグフードの袋に必ず記載

ドッグフードが入った袋には必ず賞味期限が記載されています。また製造年月日も記載されています。

ドッグフードの袋を見る以外の方法では、メーカーに直接問い合わせるなどの方法があります。

しかし賞味期限は「製造ロット」と呼ばれる製造番号によって変わるので、ロットが切り替わる時期や在庫を多く抱えて店頭販売しているメーカーの場合、答えが聞けないかもしれません。

賞味期限切れのドッグフードは与えてもいい?

人間の場合、食べ物によって多少賞味期限が切れていても食べてしまうことはありますが、ドッグフードではどうなのでしょうか。

基本的に賞味期限切れになったら与えない

賞味期限は、製造日から犬が美味しく食べられる期限を表しているので、賞味期限が切れてしまったらそのドッグフードは与えません。

犬は好き嫌いが少ない傾向があるため、多少賞味期限が切れていても、飼い主さんから出されたら食べてくれるかもしれません。

ですが保管期間が長く賞味期限が近づくと、風味や味も落ちます。さらに酸化などによって質も低下し、菌の繁殖や脂質の酸化によって発がん性物質が作り出されるリスクもあります。

賞味期限切れのドッグフードは犬にとって、食の楽しみを与える意味でも、健康面でも良くありませんので、賞味期限に余裕をもって食べきるのがベストです。

保管状態によって前後する可能性も

ただ、賞味期限は、想定された状態で保管された場合の期限なので、状態によっては賞味期限より早くなります。

そのため賞味期限が近づいているドッグフードは、ニオイや粒の状態などを確認してから与えるべきでしょう。

しかし反対に酸化しにくい状態で保管された場合は、賞味期限を過ぎてもドッグフードの品質が保たれていることもあります。

保管状態によっては賞味期限が長くなる?

真空パックによる保存

真空状態で保管したとしても賞味期限内に食べきるのがベストですが、開封してしまったドッグフードを保管したい場合、袋で何度も開け閉めする保管方法よりは、真空パックにして保管した方が状態は良く保つことができます。

賞味期限が切れそうなドッグフードがあったり、開封してしばらく食べない状態が続く場合には、ドッグフードを小分けで真空にしてみてはいかがでしょうか。