ドッグフードの基準を提示するAAFCOとは?栄養基準、成分、ラベル表示、添加物等のガイドライン

AAFCO
佐藤さん
たまにドッグフードの話で「アフコ」という言葉を耳にするのですが、アフコってなんですか?
犬田さん
それはアメリカの団体「AAFCO」のことですね。日本で販売されている総合栄養食の多くがAAFCOの基準をクリアしているドッグフードと言えます。ここではAAFCOについてここでは少し詳しく触れてお話していきたいと思います。

AAFCO(米国飼料検査官協会)とは

アメリカのペットフードの基準を提示している団体

AAFCO(米国飼料検査官協会)はペットフードの栄養基準や最低・最高成分値、パッケージのラベル表示などに関するガイドラインを提示している団体です。

AAFCOの栄養基準では、ドッグフードに含まれるタンパク質や脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンなど細かく成分分析値の基準が提示されています。

AAFCO:栄養基準に基づく成分分析一覧表

世界的に採用されている

AAFCOはアメリカの団体ですが、ガイドラインは世界的に支持され、様々な団体や機関で採用されている共通の基準として考えていいでしょう。

日本においてもペットフード公正取引協議会の定める公正競争規約には、AAFCOの栄養基準が採用されており、日本で販売されているドッグフード総合栄養食のほとんどはAAFCOの基準をクリアした商品と言えます。

AAFCOが定めるガイドラインでは不十分

AAFCOは認証や検査などは行っていない

AAFCOはガイドラインを提示しているだけで、AAFCOという団体が認証や検査をペットフードに対して行うことはしません。

そのためAAFCOが定める基準を下回っていたり上回っていたからと言って、ペットフードメーカーに罰則が科せられるわけではありません。

ただしAAFCOを参考に定められた法律や規約がある場合には、国によって何らかの罰則やペナルティがあるため、ほとんどのメーカーはこのAAFCOの基準に則ったレシピでキャットフードを製造しています。

AAFCOには抜け目がある?

またAAFCOはパッケージ表示やには厳格な基準を設けていますが、原材料や成分値については基準値内であれば使用されている原材料や添加物についてはそこまで厳しくないと言われています。

たとえば、AAFCOでは塩分(塩化物とナトリウム)の最低値については基準値を設けていますが、上限値や最大値については記載していません。そのためもしドッグフードに大量の食塩が使用されていたとしても、成分値にひっかかることはなく基準をクリアしたドッグフードとして販売できてしまいます。

また原材料や添加物についてもAAFCOはそこまで厳しいわけではないため、犬にとって好ましくない物が含まれていたとしても基準をクリアできてしまう可能性があります。

AAFCOと他団体の認証を合わせて判断

他団体の認証や基準も合わせて選ぶ

だからといってAAFCOの基準をクリアする意味がないというわけではありません。AAFCOの基準は世界的に採用されるほどですし栄養基準も細かく設定されているため、非常に参考になる基準なので、AAFCOの基準をクリアしていることを最低条件に、公正競争規約や他の認証団体、原産国(国によっては法律で厳しい決まりが設けられている)を参考に選ぶのがおすすめです。

ドッグフードのAAFCOの基準まとめ

犬田さん
ドッグフードのガイドラインを定めるAAFCOについて、まとめてきました。AAFCOはペットフード業界において世界的にスタンダードな基準として知られていますが、AAFCOだけの基準では不十分であるということです。
佐藤さん
けっきょく原材料や原産国、成分値、メーカーへの信頼性やこだわりなど自分で判断して選ばなくてはいけないということなんですね。
犬田さん
そうですね。人が食べる食品ですら、まだまだ体にどのような影響を及ぼすのかわかっていないことが多いです。ドッグフードや犬の体についてはさらに解明されていない部分もあるので、飼い主さんがリスクの少ない原材料や成分値のドッグフードを選んであげることが大切になってくるのではないでしょうか。