ドッグフードの基準を提示するAAFCOとは?栄養基準、成分、ラベル表示、添加物等のガイドライン

AAFCO
佐藤さん
アフコやアーフコの基準がどうのという話をよく耳にしますが、どんな団体なんですか?
犬田さん
それはアメリカの団体「AAFCO」のことですね。日本語では米国飼料検査官協会と訳しますが、こちらよりアフコやアーフコと言うことが多いです。どちらでも間違いではありません。

ここではAAFCOについてドッグフードのどのような基準を定めているのかなど詳しく触れていきたいと思います。

AAFCO(米国飼料検査官協会)とは

ペットフードの表示基準を定める米国機関

AAFCO(American Feed Control Officials)は、犬猫用ペットフードの栄養基準やラベルの表示基準やガイドラインを定めているアメリカの協会団体です。

AAFCOの栄養基準や表示のガイドラインは日本も含め世界的に支持されている基準であり、日本でもペットフード安全法やペットフード公正競争規約で定める基準として採用されています。

総合栄養食を証明する基準

特に総合栄養食については、AAFCOの分析試験による栄養基準をクリアしないと「総合栄養食」と名乗ることができないので、日本で販売されている総合栄養食のほどんどがAAFCOの栄養基準をクリアしています。

ペットフード公正取引協議会引用元:ペットフード公正取引協議会

AAFCOの定める栄養基準一覧表

  幼犬用最低基準成犬用最低基準
粗タンパク質
(Crude Protein)
22.5%以上
(AAFCO)
18.0%以上
(AAFCO)
粗脂肪
(Crude Fat)
8.5%以上
(AAFCO)
5.5%以上
(AAFCO)
繊維
(Moisture)
--
ミネラル
(Minerals)
カルシウム1.2 ~ 1.8%0.5 ~ 1.8%
リン1.0 ~ 1.6%0.5 ~ 1.6%
カリウム0.6%以上0.6%以上
ナトリウム0.3%以上0.08%以上
塩化物0.45%以上0.12%以上
マグネシウム0.06%以上0.06%以上
88 mg/kg以上 40 mg/kg以上
12.4 mg/kg以上 7.3 mg/kg以上
マンガン7.2 mg/kg以上 5.0 mg/kg以上
亜鉛100 mg/kg以上 80 mg/kg以上
ヨウ素1.0 ~ 11 mg/kg1.0 ~ 11mg/kg
セレン0.35 ~ 2 mg/kg0.35 ~ 2mg/kg
ビタミン
(Vitamin)
ビタミン A5000 ~250000IU/kg5000 ~250000IU/kg
ビタミン D500 ~ 3000IU/kg500 ~ 3000IU/kg
ビタミン E50IU/kg以上50IU/kg以上
チアミン
(ビタミンB1)
2.25mg/kg以上2.25mg/kg以上
リボフラビン
(ビタミンB2)
5.2mg/kg 以上5.2mg/kg以上
パントテン酸
(ビタミンB5)
12mg/kg以上12mg/kg以上
ナイアシン
(ビタミンB3)
13.6mg/kg以上13.6mg/kg以上
ビタミンB61.5mg/kg 以上1.5mg/kg以上
葉酸0.216mg/kg以上0.216mg/kg以上
ビタミンB120.028mg/kg 以上0.028mg/kg以上
コリン1360mg/kg以上1360mg/kg以上
水分
(Mosture)
ドライ…10%程度以下(ペットフード協会)
セミモイスト…25~35%程度(ペットフード協会)
ソフトドライ…25~35%(ペットフード協会)
ウエット…75%程度(ペットフード協会)

データ引用元:AAFCO – 栄養基準

AAFCOが定めるガイドラインでは不十分?

最低限度の基準のみ

またAAFCOはパッケージ表示やには厳格な基準を設けていますが、原材料や成分値については基準値内であれば使用されている原材料や添加物についてはそこまで厳しくないと言われています。

たとえば、AAFCOでは塩分(塩化物とナトリウム)の最低値については基準値を設けていますが、上限値や最大値については記載していません。そのためもしドッグフードに大量の食塩が使用されていたとしても、成分値にひっかかることはなく基準をクリアしたドッグフードとして販売できてしまいます。

また原材料や添加物についてもAAFCOはそこまで厳しいわけではないため、犬にとって好ましくない物が含まれていたとしても基準をクリアできてしまう可能性があります。

AAFCOと他団体の認証を合わせて判断

他団体の認証や基準も合わせて選ぶ

だからといってAAFCOの基準をクリアする意味がないというわけではありません。AAFCOの基準は世界的に採用されるほどですし栄養基準も細かく設定されているため、非常に参考になる基準なので、AAFCOの基準をクリアしていることを最低条件に、公正競争規約や他の認証団体、原産国(国によっては法律で厳しい決まりが設けられている)を参考に選ぶのがおすすめです。

ドッグフードのAAFCOの基準まとめ

犬田さん
ドッグフードのガイドラインを定めるAAFCOについて、まとめてきました。AAFCOはペットフード業界において世界的にスタンダードな基準として知られていますが、AAFCOだけの基準では不十分であるということです。
佐藤さん
けっきょく原材料や原産国、成分値、メーカーへの信頼性やこだわりなど自分で判断して選ばなくてはいけないということなんですね。
犬田さん
そうですね。人が食べる食品ですら、まだまだ体にどのような影響を及ぼすのかわかっていないことが多いです。ドッグフードや犬の体についてはさらに解明されていない部分もあるので、飼い主さんがリスクの少ない原材料や成分値のドッグフードを選んであげることが大切になってくるのではないでしょうか。