愛犬がドッグフードを食べない理由と対処は?ふりかけやウェットフードでアレンジ

ドッグフード 嫌い

犬がドッグフードを食べない原因

体調が悪い

脱水、貧血、低体温、栄養不足、発熱、異物誤飲など様々な不調が理由で愛犬が不調だとドッグフードも食べなくなることがあります。体調不良の場合は愛犬がぐったりしている、うずくまっているなど普段より元気がないなどの様子が見られないか確認しましょう。

病気や疾患

病気による食欲不振でドッグフードを食べなくなることも多いです。内臓疾患や消化器系の疾患、骨や関節系の疾患、寄生虫による食中毒や感染症、歯周病や口腔トラブルというように、病気が原因の場合には様々な原因が考えられます。

病気や疾患はただの体調不良と見分けにくいかもしれませんが、緊急性を要する病気の場合はすぐに治療する必要があるので、なるべく早く動物病院に連れていきましょう。

極度の疲労

極度の疲労も食欲不振の原因になります。ドッグランなどで長時間遊び過ぎたり散歩を沢山したり、子どもや他の犬と会ってはしゃいだりすると、普段より沢山体力を使うので疲れやすくなります。

ストレス

過度なストレスもドッグフードを食べなくなくなる原因になります。飼い主さんの外出が多くコミュニケーションが少ない、愛犬が一人でいる時間が長かった、動物病院に行った、知らない人が沢山いる場所へ連れて行った、など愛犬にとってストレスになることがなかったか心当たりはないでしょうか。

同じフードに飽きた

ドッグフードを食べないだけで他に体調には問題がなく、ウェットフードや人の食べ物は欲しがる場合、同じフードに飽きただけの可能性が高いです。

ずっと同じもので満足していたにも関わらず、ここ最近の間に何度かドッグフードが変える機会があったり、他のドッグフードでお気に入りがあったりすると、これまでのドッグフードを食べなくなってしまう場合があります。

おやつやスナックの食べ過ぎ

スナックやおやつなどの食べ過ぎでお腹いっぱいになれば主食のドッグフードは食べられなくなります。一般食は総合栄養食に比べて嗜好性重視のため、食事量に影響しないよう与える量は注意しなければなりません。

老化、消費カロリーの減少

老化によって消費するカロリーが減り、徐々にドッグフードンを食べる量が減っていくのは当たり前のことなので心配いりません。シニアになればどの犬も食べる量は減っていくので、もちろん沢山食べてくれる分には問題ありませんが、徐々に量が減っていくのは仕方がないこととして、ウェットフードやトッピングなどを利用して必要な栄養素を摂取してもえるよう工夫しましょう。

妊娠によるつわり

愛犬がメスで避妊をしていない場合、妊娠の可能性もあります。犬も妊娠初期はつわりの症状で一時期食欲がなくなったり、味覚が変わってこれまでのドッグフードの味が好きなくなる場合も。

ドッグフード嫌いの対処方法

ドッグフード 食べない

違うドッグフードにする

体調不良や病気が原因でない場合、ドッグフードを食べなくなったら、がらりと違うドッグフードに変えてみましょう。

飽きたことが原因でなくても、まったく違うドッグフードに変わると愛犬の気分や認識も変わって食べてくれやすくなります。

る時間が出てしまうため、飼い主さんの良心が痛むかもしれませんが、これも長い目で見て愛犬の健康のためです。心を鬼にしてドッグフードだけを与え続けましょう。

おかずやトッピングを利用する

ドッグフードを食べてくれない時は、ウェットフードやふりかけと一緒に与えるのがおすすめです。

かけるだけだとウェットフードやふりかけの部分だけ食べてしまう犬もいるので、おかずやトッピングはドライフードにしっかり混ぜ合わせて与えましょう。こうすると完食してくれやすくなります。半々くらいの量になってしまう場合、総合栄養食のウェットフードにすると、栄養バランスもしっかり摂れるので、量が多くなる場合にはウェットフードも総合栄養食の種類を選ぶのがおすすめ。

また鶏肉、煮干し、野菜など食材を茹でてダシスープと一緒に与える方法もあります。ドライフードがふやけてウェットフードのような食感になりますし、香りも強くなるので食欲をそそります。

食欲不振の原因の解決

体調不良、病気、疾患、ストレスなどが原因の場合、治療や改善を行わないといつまで経っても食欲は戻りません。

動物病院に連れていく、コミュニケーションの時間を増やす、ストレス解消する、犬が過ごしやすい環境をつくる、など原因に合わせて改善することが最優先です。

ドッグフードを食べないとどうなる?

栄養失調、痩せる

ドッグフードを食べられないと、栄養失調になり衰弱しどんどん痩せていきます。太り過ぎもよくありませんが、いざ病気になった時には少しぽっちゃりしている犬の方が長生きすることができるので、痩せているよりは少し太っているくらいの方が長生きや健康の面においては良いので、ドッグフードは毎日きちんと食べてくれているか確認しましょう。

病気や疾患の原因に

ドッグフードを食べずに人の食べ物やおやつばかり食べていると、長期的に見て病気や疾患にはかかりやすくなります。人が食べる食品や嗜好性の高い犬用おやつには、塩分、糖分、脂肪分、食品添加物などが多く含まれているので、犬の健康にいい食べ物ではありません。

長期的にドッグフード以外のものでお腹を満たすことは、肥満や血管系の疾患、内臓疾患、尿路疾患などの病気を引き起こす原因になるので、なんとかドッグフードに戻せるようにしたいところです。

好き嫌いが多くなる

ドッグフードを食べなくなると、飼い主さんはなんとかしてどんな形でも栄養を摂取してもらおうとするので、より嗜好性の高い様々なドッグフードがあてがわれていきます。

これによって犬が「食べなければ他の物が出てくる」と学習してしまい、好き嫌いが多くなったり好きな物しか食べなくなることがあります。こうなると、嗜好性の高いおやつや味つけの濃い人間の食べ物を求めるようになってしまうので、栄養バランスを見ると考えものです。

まとめ

  • ドッグフードを食べない原因は体調によるものから好みやストレスなど様々。
  • まずは原因の解決、改善が優先でフードを変えたりトッピングで対処
  • ドッグフードを食べないと栄養バランスが偏って不健康、栄養失調になる可能性