ドッグフードのカルシウムとリンの比率バランスとマグネシウムについて解説

佐藤さん
ドッグフードのカルシウムとリンはどのようなバランスならちょうどよいですか。マグネシウムのバランスも大切と聞きますが、どういう比率になるのでしょうか。
犬田さん
ミネラルはバランスがとても大切です。その中でもカルシウムとリンのバランスは骨や歯を丈夫に保つために大切です。

ではここでは犬におけるドッグフードのカルシウムとリン、そしてマグネシウムのバランスについて見ていきたいと思います。

カルシウムとリンの適切な比率

AAFCO栄養基準に基づく適切な比率


引用元:AAFCO栄養基準に基づく成分分析一覧表(ドライフード)

犬にとって適切なカルシウムとリンの比率は、

カルシウム : リン = 1:1 ~ 2:1

とされています。カルシウムの量が、リンの量と同じ~2倍の値の間であれば正常の範囲ということになります。

カルシウムとリンの必要量


引用元:AAFCO栄養基準に基づく成分分析一覧表(ドライフード)

カルシウムとリンの適切な比率は幼犬でも成犬でも同じですが、量を見ると幼犬と成犬とで違ってきます。

成犬が0.5~1.8%のカルシウム量でいいのに対して、幼犬は成長のために多くのカルシウムを使うので、幼犬用のドッグフードのカルシウム量は1.2~1.8%程度が必要になります。

カルシウムとリンのバランスが重要な理由

骨と歯の形成に関わる

カルシウムとリンは共に骨や歯を作る成分であるため、バランスが重要になってきます。

骨といえばカルシウムだけのイメージが強いかもしれませんが、骨や歯を形成するにはカルシウムだけでなくリンも必要になります。

過剰・欠乏どちらでも問題

カルシウムが欠乏すると骨粗鬆症や発達障害などが見られますが、摂取量が過剰になりすぎても骨に異常が見られたりなどの問題が出てくるため、沢山摂取させれば良いというわけではないようです。

リンもまた欠乏すると骨が十分に成長しなかったり、骨の変形などが見られるようになります。反対に過剰に摂取すると、腎臓疾患を引き起こす原因にもなるため、リンも多すぎず、少なすぎない量を摂取することが大切です。

近年のドッグフードの傾向としてリンの摂取量が高くなっていると言われてきていますので、ドッグフードを選ぶ際にはリンの摂取量にも気を付けていきたいところです。

カルシウムとリンと「マグネシウム」

骨や歯にはマグネシウムも大切

カルシウムとリンについてお話してきましたが、実は骨や歯にはマグネシウムも大切です。

体内にあるマグネシウムの半分以上は骨に沈着しており、体の中で起こる様々な化学反応に関係しています。

マグネシウムはカルシウムによる筋収縮を制御したり骨を安定させる働きなどもあり、不足すると骨粗鬆症のリスクが高まるとも言われています。

犬に適切なマグネシウム量

犬の適切なマグネシウム量は、0.06%以上とされています。これは幼犬も成犬も変わりません。

ドッグフードのカルシウムとリンのまとめ

犬田さん
以上、ドッグフードのカルシウムとリンについてまとめてきました。
佐藤さん

カルシウムとリンとマグネシウムが犬の骨の構成には大切なんですね。確かにドッグフードによっては裏面にカルシウムとリンとマグネシウムの量が書かれていることがありました。

比率が適切であるということを示したかったんですね。勉強になりました。