ドッグフードの合成着色料による影響と危険性、表示について

佐藤さん
ドッグフードに含まれる添加物の中でも、着色料にはどんな危険があるんですか?与えると犬はどうなってしまうんでしょうか?
犬田さん
着色料は色を付けるために加えられる添加物ですが、その中でも合成着色料という人工的につくられたものは危険性が高いと言われています。ここでは合成着色料について、危険性などをお話していきたいと思います。

着色料について

色付けのために加えられる

着色料とは食品や工業品などの色を付けるために加えられる添加物です。色見を調整して希望の色に仕上げたり、美味しそうな色にするために添加されます。

食品にも使用され、代表的な物だと、かき氷シロップやお菓子、ジュースなど様々なものに使用されています。

合成着色料が危険

ドッグフードに含まれる着色料の中で危険なのは赤色○号、青色○号など、いかにも人工的に作られた感満載の「合成着色料」です。

すべての合成着色料が危険とは言い切れませんが合成着色料の多くが危険性を指摘されており、合成着色料を使用しない食品を選ぶ人が増えてきています。

ドッグフードにも使用

ドッグフードにも着色料が含まれていることがあります。しかし犬は人のように食べ物を見た目で判断するわけではありません。

つまりドッグフードに加えられている着色料は飼い主の購入意欲を上げるためであると言えます。

着色料の存在は犬によって良い点はありません。答えから言ってしまえば、ドッグフードを選ぶ時には着色料が含まれていないものを選ぶべきです。

日本で使用可能な合成着色料

日本で使用できる合成着色料
赤色赤色2号
赤色3号
赤色40号
赤色102号
赤色104号
赤色105号
赤色106号
黄色黄色4号
黄色5号
緑色緑色3号
青色青色1号
青色2号

日本ではこのような合成着色料が使用可能となっています。

ドッグフードの合成着色料の危険性

発がん性について

着色料の中には発がん性があると言われる危険なものもあります。

アレルギーの誘発

着色料に限ったことではありませんが、合成添加物はアレルギーを誘発し食べた犬がアレルギー反応を起こすリスクがあります。

アレルゲンになる物質は犬によっても違うため、必ずしも反応が現れるわけではありませんが、アレルギー反応を起こすと皮膚疾患や嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。

体に様々な影響を与える

その他にも下の表にあるような赤血球の減少や腫瘍野蔵か、染色体異常、喘息、免疫力低下など、犬の体に様々な症状や病気を引き起こすリスクがあり、いずれも愛犬の体への負担と不健康への引き金となります。

ドッグフードの合成着色料一覧

ドッグフードに使用されやすい危険な合成着色料については次のような物があります。自宅のドッグフードにも含まれていないかチェックしてみましょう。

ドッグフードでよく使用される合成着色料
赤色3号発癌のリスク
赤血球数の減少
甲状腺の腫瘍の増加
赤色40号アレルギーの誘発
赤色102号発癌のリスク
アレルギー
赤色105号発癌のリスク
染色体異常の危険
食欲低下
成長抑制
赤色106号発癌のリスク
染色体異常の危険
黄色5号喘息
蕁麻疹
アレルギー
青色2号発癌のリスク
痙攣症状
アレルギー
免疫力の低下

ドッグフードの合成着色料の表示確認

着色料は原材料名に表記

もしドッグフードに着色料が加えられる場合、どんな着色料が使われているのかは原材料名欄を見ることで確認できます。

着色料の確認方法

着色料が使われる場合には、着色料であることがわかるようにする必要があります。

ですのでたとえばエリスロシンやインジゴカルミンという着色料が使用される場合、

  • 着色料(エリスロシン、インジゴカルミン)
  • 赤色3号、青色2号

このどちらかの形式で記載されます。どちらでも色という文字があるので、着色料ということを認識できます。

天然着色料は例外

ただし合成着色料ではなく天然着色料の場合、自然由来で原材料の色を利用するので、着色料という名前では表記されません。

植物の名前の抽出物として○○エキス表記されることが多く、自然の物を使って色を付けているので危険である可能性は低いです。

ドッグフードの着色料のまとめ

犬田さん
以上、ドッグフードの着色料についてまとめてきました。ドッグフードには様々な添加物が使用されていますが、その中でも着色料は犬にとって入っている必要はありません。
佐藤さん
色によって食欲増進されるわけでもありませんし、栄養バランスが整うわけでもありませんね。
犬田さん
はい。危険な着色料を紹介してきましたが、簡単な話、着色料自体使用されていないドッグフードを選ぶのがおすすめです。