ドッグフードのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の働きと適切なバランス

ドッグフードのオメガ3・オメガ6の適切な比率

オメガ6:オメガ3= 5:1 ~ 10:1

ドッグフードにおけるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の適切な割合は、一般的に

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸 = 5:1 ~ 10:1

と言われています。

しかし最近では、犬にとってオメガ3脂肪酸はもっと多い方がいいとも言われてきており、オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=3:1 ~ 1.5:1 という見解もされています。

定まっていない

実際にところ、上記にようにオメガ6とオメガ3のバランスや比率については様々な見解があるため、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の適切な割合は、まだきちんと定まっていない状態です。

オメガ6脂肪酸について

オメガ6脂肪酸とは

オメガ6脂肪酸とは、脂質に含まれる不飽和脂肪酸の一つで、体内で作り出すことができないことから食事などで摂取しなければならない必須脂肪酸です。

オメガ6脂肪酸は、基本的に様々な食材に含まれており、肉などを摂っていると自然にオメガ6脂肪酸を多く摂取すると言われています。

オメガ6脂肪酸が多い食べ物

上でも言ったように肉などを摂っていれば自然とオメガ6脂肪酸は多く摂取できますが、特にオメガ6脂肪酸が多いと言われているのは、ベニバナ油、グレープシードオイル、ひまわり油、コーン油などになります。

オメガ6脂肪酸一覧

オメガ6脂肪酸は以下の成分になります。

  • リノール酸
  • γ-リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • ジホモ-γ-リノレン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサジエン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • カレンジン酸

オメガ3脂肪酸について

オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは、オメガ6脂肪酸と同様、脂質に含まれる不飽和脂肪酸の一つであり、食事から摂取しなければならない必須脂肪酸です。

オメガ6脂肪酸に比べて、意識的に摂取していかないと不足気味になったり、バランスが摂れない場合があるので、オメガ3脂肪酸の摂取には気を遣いたいところです。

オメガ3脂肪酸が多い食べ物

オメガ3脂肪酸はサバやサケ、タラ、イワシなどの魚介類やエゴマ油植物油に多く含まれています。

またホウレン草やチンゲン菜などの青物野菜からも摂取できます。

オメガ3脂肪酸一覧

オメガ3脂肪酸は以下のような成分になります。

  • α-リノレン酸 (ALA)
  • ステアリドン酸 (STD)
  • エイコサトリエン酸 (ETE)
  • エイコサテトラエン酸 (ETA)
  • エイコサペンタエン酸 (EPA)
  • ドコサペンタエン酸 (DPA)
  • クルパノドン酸
  • ドコサヘキサエン酸 (DHA)
  • テトラコサペンタエン酸
  • テトラコサヘキサエン酸 (ニシン酸)

ドッグフードのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のまとめ

犬田さん
以上、ドッグフードのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸についてまとめてきました。

アレルギーが多い場合にはオメガ3脂肪酸を多く摂取させた方が良いという見方もあり、今度またオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の適切な割合が変わってくる可能性はあるかと思います。