犬の癌。最も多いのは皮膚癌と乳腺癌。完治の可能性と治療方法について

犬 癌 ドッグフード

犬の病気:癌(悪性腫瘍)

癌とは

癌とは、(悪性腫瘍:Malignant Tumor、Cancer) とは、正常な細胞から発生した異常な細胞の塊で、正常な細胞や組織が摂取するはずだった栄養を奪って過剰に増殖し続け、体を衰弱させていく病気です。

組織内や他組織へ転移し広がる種類の癌は完治させることが難しいです。犬の病気にも治療や療養、予防や対策などがとられるようになり、犬の平均寿命は延びて他の病気で亡くなる可能性が低くなったことで、現在の犬の死亡原因第1位が癌となっています。

癌になる原因は、遺伝やホルモン、環境、発がん性物質の摂取など、様々な要因が考えられますが、人と同様で詳細は分かっていません。

犬が発症しやすいがんは皮膚癌や乳腺癌

犬の癌で最も多いのは、体表に見られる皮膚癌や乳腺癌です。避妊していないメス犬は乳腺腫瘍ができやすいとされています。

体表に現れる皮膚癌や乳腺癌の場合は、体にしこりやこぶのような腫れができるので、比較的見たり触ったりして気付けることが多いです。

体の中にできる肺がんや子宮癌、胃がん等の可能性もありますが、その場合、体調不良や嘔吐・下痢、食欲低下など症状がわかりにくいことが多いので、病院で検査を受けるまで気付けないことも多いです。

犬の癌の完治の可能性は?

犬の癌の完治の可能性

癌(悪性腫瘍)にも転移しやすい癌とそうでない癌があるので、転移していない癌であれば、手術などで腫瘍を取り除けば愛犬の完治も期待できます

ただ他の器官にも転移してしまっている場合、他の場所にも転移している可能性があり、完全に取り除くことが難しく、一度取り除いても再発してしまうこともあるため、完治は難しいです。

犬の癌の治療方法

外科手術が一般的

犬が癌になった時の治療方法として最も一般的なのは、癌を取り除く外科手術です。

動物は癌の進行が早いため、転移する前に腫瘍を取り除くことが大切で、取り切れなかった場合、そこからまた癌細胞が増殖して他の器官や組織へ範囲を広げてしまいます。

手術による外科手術以外の方法では、化学療法や放射線治療、免疫療法などがあります。

癌が進んでしまっている場合

他の組織に転移して手術ではもう愛犬の癌が取り切れなくなってしまった場合、抗がん剤治療や対症療法、もしくは安楽死の選択肢があります。

抗がん剤は手術ができない犬が癌と戦える数少ない治療方法の一つで、脱毛や副作用を伴います。

対症療法は癌の根本的な治療ではなく、犬に出ている症状の痛みや苦痛を取り除くための治療で、投薬などで愛犬が少しでも楽に快適に最後まで過ごせるように症状を緩和させる治療方法です。

安楽死については賛否両論がありますが、飼い主さんの判断で犬の痛みや苦痛をできるだけ少なくするために安楽死を選択する場合もあります

まとめ

  • 犬の死亡原因の第1位
  • 皮膚癌や乳腺癌が多い
  • 治療は腫瘍の摘出手術が一般的
犬 かかりやすい病気

犬がかかりやすい病気は?全犬種・全年齢共通の病気の原因や症状、治療法など解説

2020年10月2日