フリーズドライのドッグフードとは?真空凍結乾燥の仕組みとメリットデメリット

ドッグフード フリーズドライ
佐藤さん
フリーズドライ製法でつくられたドッグフードをよく見ますが、どんなドッグフードなんでしょうか?また普通のドッグフードと比較してどんな違いがあるのでしょうか。

フリーズドライとは

フリーズドライとは、水分を含んだ食べ物を真空凍結乾燥させる技術です。常温で長期的な保存が可能なため、保存食や携帯食、宇宙食などによく利用されています。わかりやすいところでは、味噌汁やスープなどをキューブ状に固めた商品などがあります。

フリーズドライは、そのままで与えても問題ありませんが水分がほとんどカラカラの状態なので、食べる時は水やぬるま湯などで戻して使うのが一般的です。

フリーズドライの仕組み

フリーズドライは「氷(固体)→水(液体)→水蒸気(気体)」の、水(液体)をすっ飛ばして氷→水蒸気に変わる「昇華」という現象を利用しています。

フリーズドライ製法は、まず食品や食材を-30度で急速に凍結し、減圧して真空状態にします。ここに昇華に必要な熱を加えることで氷となっていた水分が気体に変化します。減圧した状態では高熱で氷があった部分は空洞となります。その後密閉されます。

フリーズドライドッグフードのメリット

保存性に優れている

フリーズドライ製法のドッグフードは保存性に優れています。菌の繁殖や酵素による品質低下の原因となる水分が昇華によってなくなるため、常温で長期的な保存が可能です。

また、水やぬるま湯で戻した際にも見た目や風味を損なわずに戻せる復元性の高さも魅力です。損なわれる風味や味も少ないとドッグフードへの食いつきが持続しやすく嗜好性を保てるメリットがあります。

栄養素の損失が少ない

フリーズドライのドッグフードは栄養素の損失が少なく、原材料に含まれる栄養素を効率良く摂取できます。特に、フリーズドライは高温での加熱が必要ないため、熱に弱いビタミンなどの成分の損失を最小限にすることが可能です。

添加物や添加物を最小限に抑えられる

フリーズドライは上記のように、保存性が高く栄養の損失も少ないため、酸化防止剤や保存料、栄養添加物などの使用料を最小限に抑えることができます。

フリーズドライドッグフードのデメリット

商品の選択肢が狭まる

フリーズドライを条件に商品を選ぼうとすると、選択肢が狭くなります。

フリーズドライドッグフードを製造するメーカーは少なく、フリーズドライに必要な機器を装備している工場も少ないため、味や種類、価格帯も限られ、フード選びに苦労するかもしれません。

コストがかかるため割高

フリーズドライドッグフードは全体的に高価格帯のものが多いので、低~中価格帯のドッグフードを求めている方には高いと感じるかもしれません。

開封後は酸化しやすい

フリーズドライは開封前なら保存性が高く賞味期限も長いですが、一度開封して空気に触れてしまうと酸化しやすく、劣化が早くなるデメリットがあります。フリーズドライは昇華によって水分が抜けた部分が空洞になるため、酸素に触れる表面積が大きくなるからです。また、湿度にも注意が必要で、水分が入り込むとスポンジのように吸収してしまうため、保存方法には注意が必要。

フリーズドライドッグフードまとめ

犬田さん
今回はフリーズドライドッグフードについてまとめました。フリーズドライは凍結乾燥という昇華を利用した製法でした。コストや選択肢の少なさというデメリットもありますが、保存性が高く栄養の損失が少ないというのは大きな魅力だと思います。ドッグフードを選んだり見たりする時の一つの判断基準にしてみてもいいかもしれません。

フリーズドライのドッグフード例

  • K9ナチュラル
  • woof(ワフ)
  • オリジントリーツ
  • ペティオ
  • カイマタ
  • マカンナ
  • フィッシュ4ドッグ
  • ドットわん