オーガニックドッグフードとは?有機栽培の意味と高価格な理由、認証は必要か

オーガニック ドッグフード
佐藤さん
オーガニックのドッグフードは体に良さそうですが、実際どうなんでしょうか?価格が高い印象があるので、本当に必要なのか迷っています。
犬田さん
安全性やアレルギーなどメリットも多いオーガニックドッグフードですが、佐藤さんが言うように価格が高いなどのデメリットもあります。

ここではオーガニックの意味や認証について、オーガニックドッグフードはどんなものなのかをご紹介したいと思います。それを踏まえてオーガニックドッグフードを選べば良いのではないでしょうか。

オーガニックドッグフードとは

オーガニック(有機)とは

オーガニック(Organic:有機)とは、農薬や化学肥料、添加物、ホルモン剤などを利用せずに自然を生かした方法で育てる方法、またはオーガニック製法によって育てられた農産物や家畜を言います。オーガニックドッグフードの場合、有機栽培、有機農法で生産された原材料を使った製品がそう呼ばれます。

オーガニックというと食品や製品の「安全性」に目が行きがちですが、生態系や生物としての多様性、地産地消による地域文化を守る等、健全な社会を目指す目標も掲げられています。

オーガニック認証とは

オーガニック認証(有機認証)とは、生産者が有機の基準に基づいてきちんと生産しているかどうかを第三者機関が証明するものです。オーガニック認証を行う第三者機関は、非営利団体で国によって異なりますが、やたらめったらどこでも認証を行えるわけではありません。

日本ではJAS法という法律に基づいた有機JAS制度や有機JAS制度の基準でOCC認証有機JAS認証などがあります。

オーガニックのドッグフード事情

日本でペットフードはオーガニック認証を受けられない

上記のように日本でもオーガニック認証がありますが、残念ながら日本の場合、食品とペットフードを明確に区別しており、オーガニック認証は食品のみにしか適用されません

ペットフードはオーガニック認証を受けることができないので、OCC認証や有機JAS認証など日本のオーガニック認証を取得しているペットフードは存在しません。

オーガニックドッグフードは欧米産が多い

日本でペットフードはオーガニック認証を受けることができませんが、海外では国によってペットフードもオーガニック認証を受けることができます。

特にヨーロッパやアメリカなどのペット先進国では、ペットフードも食品と同じようにオーガニック認証を行っている国が多いです。このためオーガニックドッグフードは欧米産の商品が多い印象です。

ただ同じヨーロッパでも国や第三者機関によって認められるオーガニックのパーセンテージや基準が異なるので、90%で認証を受けられる場合もあれば98%でないとクリアしない機関もあるので、こだわるならどの国のどの機関でオーガニック認証を受けたかもチェックしてみるといいかと思います。

オーガニックドッグフードのメリット

化学物質が使用されないので安全性が高い

オーガニックドッグフードは、農薬や化学肥料に頼らない農法や加工方法で生産されるので、残留農薬や化学物質などの混入がなく原材料の安全性が高いと言えます。

ほとんどの国や農家は、農産物を安定的に生産するために農薬や肥料などを使用しています。それ自体が危険とは言うには極端かもしれませんが、ほとんどの犬は人の体より小さく、また犬は人と違って毎日同じドッグフードを主食にしているので、原材料に残留農薬などが混入していた場合、人よりも体への影響は大きいのではないかと懸念されています

アレルギーが起こりにくい

化学物質や遺伝子組み換え食材などを使用しないオーガニックドッグフードは、アレルギーが起こりにくいメリットがあります。アレルギーはタンパク質に反応して引き起こされますが、化学物質や遺伝子組み換え食材は、遺伝情報や物質が操作され、アレルギー反応を引き起こしやすいと言われています。このためより自然由来のものに近い原材料を使用したオーガニックドッグフードは犬のアレルゲンになりにくいとされています。

信頼性が高い

オーガニックドッグフードをつくるのは簡単ではありません。オーガニックの食材を仕入れて生産するには通常のドッグフードをつくるよりも手間も時間もお金もかかります。

このため、オーガニックドッグフードを製造販売しているメーカーは原材料やフードへのこだわりが強く健康や安全にも気を使ったメーカーが多いと言えます。オーガニックであれば必ず安心、健康でいられるフードであるとは限りませんが、メーカーや企業への信頼性は他の企業より高評価になるかと思います。

オーガニックドッグフードのデメリット

価格が高い

オーガニックドッグフードの一番の弱点は、どうしても価格が高くなってしまうことと言えます。これはドッグフードに限ったことではありませんが、こだわりの有機農法や製法で生産されたオーガニックのものは、コストも時間も多くかかっているので、それなりに高価格帯になります。

肉や魚の含有量が少ない

また、オーガニックの場合、肉や魚を使用するとなると、そのエサもオーガニックである必要があるので、植物原料よりさらにコストがかかります。ただでさえ原価が高くなる上、動物原料は育て上げるのにも時間がかかるため、オーガニックドッグフードの原材料では動物原料の含有量が少なくなる傾向があります。

商品が少ない

認証を得るには海外の認証機関に認めてもらうしかないので、日本ではオーガニックドッグフードは特に馴染みが薄いかと思います。オーガニックドッグフード自体、販売しているメーカーや企業は少なく、特に日本ではオーガニック認証を行っていないので、国産でオーガニックドッグフードはほとんどありません。

ドッグフードのオーガニック認証の有無

オーガニックドッグフードの落とし穴

オーガニックドッグフードと名乗っている商品の中には認証なしのドッグフードもあります。たとえば原材料の一部を使用したドッグフードで「オーガニック認証を受けた原材料を使用した」と表記すると、まるですべての原材料がオーガニックのようにも感じられます。

ですが実際はメインの原材料だけもしくは一部のごく少量しか含まれない原材料がオーガニックでつくられている場合もあります。

認証なしは悪いドッグフードなのか

こう話してしまうと認証無しのドッグフードは「悪」のように思われてしまいますが、オーガニック認証を受けていないだけで高品質かつ安全性の高いドッグフードもたくさんあります。

また、魚のようにどこでなにを食べてきたか分からない生き物の場合、完全な自然由来の原材料であってもオーガニックで育てられたとは言えないので認証を得ることは難しく、魚系のドッグフードのはほとんどオーガニック認証を受けていません。

このため、オーガニックは安全性の高いドッグフードを探す上で良い指標になるかとは思いますが、オーガニックドッグフード以外はダメと考えず、ドッグフードを選ぶ時は原材料や原産国などを見ながら吟味しましょう。

オーガニックドッグフード

【おすすめ20選】オーガニックドッグフード比較!化学物質のリスクと各国の認証機関

2019年9月11日