ドッグフードのカロリー目安値、犬の1日のエネルギー要求量の計算式を紹介

佐藤さん
ドッグフードのカロリーってどれくらいが平均的なんでしょうか。またやはりドッグフードはヘルシーな低カロリーのフードを選ぶべきなんでしょうか。
犬田さん
犬にとって必ずしも低カロリーなドッグフードが適切というわけではありません。

犬にとって適切なドッグフードのカロリー

カロリーは、エネルギーの単位で熱量とも言われます。カロリーとは食べた物の中に含まれている脂質・タンパク質・炭水化物から得られるエネルギー源のことで、犬に限らず生物は生きるため、そして活動するために必要となるエネルギーを食事します

しかし実際の空腹と満腹感をコントロールしている脳の中枢は別にあるため、犬が食べたいだけ食べれるようにドッグフードを置いてしまうと、本当に必要なエネルギー量を超えた量のドッグフードを摂取してしまうこともしばしば。

そうするとエネルギーの過剰摂取になり、肥満や成長異常などが体に表れます。だからといって、少なく与えると成長不良や体重の減少をまねき、痩せていきます。

こうしたことから、カロリーやカロリー計算は、犬にとってちょうどよいとされる適切なエネルギー量を摂取させるために利用されています。

各メーカーのドッグフードのカロリー

ドッグフード名100gあたりのカロリー
カナガンドッグフード361.25kcal
オリジン(オリジナル)
394kcal
アカナ(ラム&オカナガンアップル)328.8kcal
カークランド(ラム ライス&ベジタブル)365kcal
アイムス(チキン)377kcal
モグワン(チキン&サーモン)344kcal

有名どころのドッグフード総合栄養食のカロリーはこのようになります。350~400kcal程度のカロリーが多い印象です

ドッグフードのカロリーの目安値や平均値の参考にしていただくとドッグフードも選びやすくなると思います。

犬の1日辺あたりのエネルギー要求量の計算式

1日あたりのエネルギー要求量の算出法

犬にどのくらいのエネルギーが要求されるのかを計算する方法をご紹介します。

1日あたりのエネルギー要求量の計算式
去勢・避妊していない成犬1.8×{30×体重(kg)+70}
去勢・避妊済みの成犬1.6×{30×体重(kg)+70}
肥満傾向の犬1.4×{30×体重(kg)+70}
高齢犬1.4×{30×体重(kg)+70}
妊娠犬(1~4週)2.0×{30×体重(kg)+70}
妊娠犬(5~6週)2.5×{30×体重(kg)+70}
妊娠犬(7~8週)3.0×{30×体重(kg)+70}
授乳中の犬4.8×{30×体重(kg)+70}
成長期(4ヶ月未満)3.0×{30×体重(kg)+70}
成長期(4~9ヶ月)2.5×{30×体重(kg)+70}
成長期(10~12ヶ月)2.0×{30×体重(kg)+70}

{}内は同じですが、犬の成長段階や状態によってかける値が変わってきます。

特に妊娠中や成長期を見ると、何週目なのか、何ヶ月目かなのかによって、エネルギーの要求量の計算式が変わってくるので、この時期は要求されるエネルギー量の変化が著しいことがわかります。

ドッグフードのカロリーまとめ

犬田さん
今回はドッグフードのカロリーについて、カロリー値の目安として各メーカーのカロリー値、そして犬が1日に要求するエネルギー量計算式をご紹介してきました。
佐藤さん
カロリーは低すぎても高すぎても犬の健康や成長に支障をきたしてしまうんですね。人間もカロリーを気にしますが、犬のカロリーにも気を遣ってドッグフードを選んであげたいと思いました。
犬田さん
はい、犬の運動量や今の成長段階を考えながら適切なカロリーのドッグフードを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です